見て分かる!ドレミのスケール・3つの運指方法【動画付き】

ベースでドレミを弾いてみよう

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

ベースでドレミファソラシドと音階を弾くとき、いつも同じポジションだけで弾いてしまってませんか?

は幾つか考えられます。

 

今回は、覚えやすくて使い勝手の良い3種類の弾き方を書いてみました。

 

それぞれの弾き方をマスターすることで応用できるようになり、どんなキーでもメジャースケールが弾けるようになります。

どれが良い悪いというワケではないので、自分に合ったものから覚えてみましょう。

 

開放弦を使ったドレミ

c_major_scale_1

レとソの音を押さえない(0フレット・開放弦)ポジションです。

 

はじめての頃は、弦を押さえるのが辛かったりするんですよね。

なので、開放弦を使うことで無理なく弾けるようになります。

初心者や押弦力が弱い時期にオススメしたいカタチです。

 

開放弦を使わないドレミ

c_major_scale_2

さっきのポジションでレとソの音を押さえた場合です。

開放弦を使わないので応用して使えます。

 

応用方法は簡単!フレットに対して指の隔たりはそのままに始める位置をずらすだけです。

色んなキーのメジャースケールがパっと弾けるようになります。

応用しやすいので是非、マスターしちゃいましょう!

 

ポジションチェンジを含むドレミ

c_major_scale_3

 

横へ移動するドレミです。上記の二つより難しくなりますが、ポジションチェンジを含むのでより高いポジションへスムーズに行きやすくなります。

横移動のポジションができるようになると、運指がスムーズになってきている証拠です。

上達の目安として取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ドレミの音階をベースで弾くときは、何種類かあります。

今回は、3種類のドレミの音階を紹介しました。

 

  • 開放弦があるもの
  • ポジションチェンジがあるもの
  • ポジションチェンジがないもの

 

それぞれのカタチに優劣はありません。

個々のレベルに合わせて弾きやすいものからトライすると良いでしょう。

慣れてくると応用ができ、場面によって使い分けができるようになります。

 

ではでは。

スポンサーリンク