見て分かる!ドレミのスケール・3つの運指方法【動画あり】

ベースでドレミを弾いてみよう

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

ベースでドレミ(Cメジャースケール)を弾いてみましょう。今回は3種類の弾き方を書いてみました。

どれが良い悪いというワケではないので、自分に合ったものから覚えると良いと思います。

 

開放弦を使ったドレミ

c_major_scale_1

 

レの音とソの音を押さえないドレミです。

最初に覚えたドレミが、このカタチだった人は多いと思います。

始めたての頃は、弦を押さえるのが辛かったりするので、開放弦を使うことで無理なく弾けるようになります。

 

開放弦を使わないドレミ

c_major_scale_2

 

さっきのポジションでレの音とソの音を押さえた場合のドレミです。

全部を押さえる運指(カタチ)を覚えることで、移動ドでメジャースケールが簡単に弾けるようになります。応用が利くので、是非トライしてみてください。

 

ポジションチェンジを含むドレミ

c_major_scale_3

 

横へ移動するドレミです。上記の二つより難しくなりますが、ポジションチェンジを含むのでより高いポジションへスムーズに行きやすくなります。

 

まとめ

3種類のドレミ如何でしょうか。開放弦があるもの・ポジションチェンジがないもの・ポジションチェンジがあるもの。

それぞれに優劣はないので、個々のレベルに合わせて弾きやすいものからトライすると良いでしょう。また、運指が分からなければ動画を参考にしてみてください。

スポンサーリンク