コードの明るさと暗さを決定する音程があります。   それは、3度の音程です。 ルート(基準の音)から、長3度の音程をメジャーサード(Major3rd)といい、短3度の音程をマイナーサード(minor3rd)といいます。 一般的にメジャーが明るく、マイナーが暗く響くと例えられています。   今回は、ベースで3rdの音程をどのように扱っていくのか解説します。   メジャーサード(Major3rd)のポジション メジャーサード(Major3rd)を指板上、フレットの位置で見てみるとルートから右に4つ離れた位置にあります。  ...

続きを読む