耳コピのための相対音感を身につける方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

「耳コピがしたい!」と思っているあなた。

けど、音感がないからって諦めていませんか?

音感は、いくつからでも鍛えることができます。

その鍛えられる音感こそが『相対音感』です。

しかし、正直なところ相対音感がどういった感覚なのか自覚しにくいことないですか?だから、耳コピに上手く活かせない。

そんなもどかしい気持ち、良くわかります。

今回の記事で、どのようにして相対音感の感覚に気付いたのか。

また、どうやって鍛えていったのかを解説します。

相対音感は自分の記憶と比べる行為

早速ですが、あなたの相対音感をチェックしてみましょう。

好きな曲のメロディーを思い浮かべて下さい。

頭の中では、自分が記憶した通りの完璧な音程が流れていませんか?

今度は、そのメロディーの「出だしの音」だけを長〜く伸ばしてみましょう。声で出せると尚良しです。

これを基準の音とします。

次に、記憶の音を楽器で探します。では、基準の音と楽器で出した音を比較します。

音程が合っていれば耳コピ成功です!おめでとうございます!!!

違っていれば、楽器で出している音が基準の音に対して高いか低いかの判断をします。

これを繰り返すことで耳コピが出来上がっていきます。

そして、

高いか低いかの判断力こそが相対音感の正体です。

相対音感の正体

相対音感は、自分が記憶している音を基準とし楽器で鳴らした音を比較する。

それは、

  • 高い
  • 低い
  • 合っている

の判断ができる能力です。

ウィキペディアによると

相対音感(そうたいおんかん、英語: relative pitch)は、基準となる音(純音および楽音)との相対的な音程によって音の高さを識別する能力である。音楽を美しいと感じるには、相対音感が必要であるから、ほとんどすべての人が本質的に持っている能力と言える。

と、あります。

それなのに、耳コピができなくて苦労している方が多いのも事実です。それには、理由があります。

相対音感を鍛える

耳コピに苦労している理由は3つあります。

それが、

  • 相対音感の熟練度
  • 基準の音のキープ力
  • 演奏してしまう

です。

相対音感の熟練度

相対音感の正体は、基準の音から比較したい音の高さを適切に判断する能力です。

熟練度を上げる方法として、インターバルを覚えてしまうことです。

訓練方法を一つ紹介します。

「ドレミファソラシド」と音階をイメージ、または歌ってみて下さい。

練習なので、なるべく正確なピッチをイメージして下さい。

もう一度、ドの音をイメージして基準の音とします。

ドを基準にして、ラの音へ飛び移ってみましょう。

うまく移れた場合

パッと移れた場合、ドからラの音程を覚えている証拠です。

ドからラの音程は「長6度(Major6th)」と、名前のついた音程になります。

うまく移れなかった場合

うまくラの音程にたどり着けなかった場合、もう一度音階をイメージしましょう。

「ド→レ→ミ→ファ→ソ→ラ」と順番に音階を上がりながらだと、ラの音程がイメージしやすく感じませんか?

イメージができたら、もう一度ドの音からラに飛び移ってみましょう。

これを繰り返すことでインターバルが覚えられるようになります。

基本的に、距離が近い方がイメージしやすいので移動しやすいと思います。

だから、童謡は覚えやすいんですね。

相対音感の熟練度が高い状態だと、基準があればインターバルがすぐ分かるようになります。

端から見ていると、まるで絶対音感持ってるんじゃないかと錯覚するくらいです。

ひとつの音程が分かることで、次の音はコレ。その次の音はコレ。という様に、楽器なしでも分かるようになります。

詳しくは、インターバルを覚えることで得られることを読んでみて下さい。

普段のスキマ時間にインターバルを鍛えたい方にはコレがおすすめ!

耳コピのための相対音感を身につける方法

RelativePitch

基準の音をキープする力が大事

実際の耳コピでは、基準となる音が耳コピしたい音になります。

『それが採れないから苦労しているんだ!』

って思いますよね。

大丈夫です!

ちゃんとした手順を踏めば聞けるようになります。

基準音を聴けるようになるには、

聞いた音を頭の中で再生できているかどうか。言い換えると、イメージができているかどうかです。

これが、耳コピのスタートラインとなります。

よく、楽器を弾きながら耳コピしてしまっていませんか?

もちろん慣れていれば、それはそれで大丈夫です。

ですが、基準の音がしっかり聴けていないのに楽器の音で基準音を探してしまっている。

これが、

耳コピの妨げになる一番多い原因です。

楽器の音を聴いてしまうから、いつまで経っても基準音が聴けずに迷子になってしまうんです。

基準音がしっかり聴けるまで楽器の音は出さない。その方が断然、耳コピしやすくなります。

『耳コピをする』という目的を持つ

耳コピする大きな理由は、弾けるようになりたいからです。それは大事な目標です。

しかし、耳コピをする過程では弾くことが目的ではないってことです。

音を採ることが目的ですからね

ただ、耳コピしている時ってついつい弾きたくなるんですよね。

音が合っていると余計に演奏したくなるんです。

そんな時は、自分に問いかけて下さい。

「あなたの目的はなんでしたっけ?」

あとで弾けるように耳コピをすることです

この心掛けを守ると、耳コピに集中することができます。

演奏は、耳コピを終えてから存分にできますよ!

環境を整える

しっかりと基準音を聴ける様にするには

  • 音質の良い音源を聴く
  • 聞こえやすい様にイコライザーを調整する
  • ストレスの掛からない再生デバイス

の3つをお薦めします。

音質の良い音源

YouTubeだと、あまり音質の良くない音源が上がっていたりします。

今は、公式サイトでダウンロードして購入するのが一番お手軽で良いんじゃないでしょうか。

手間が掛かっても良いのなら、CDから取り込むのも一つの方法です。

イコライザーを調整する

聞こえやすい様にイコライザーを調整するのは良くやる方法のひとつです。

聞こえてこない/邪魔な帯域をブーストしたりカットすることで、聴きやすくすると耳コピしやすくなります。

ミキサーなどに音源を通して、イコライザーを調整してみて下さい。

ストレスの掛からない再生デバイス

これが、一番大事かもしれません。

耳コピしている間は、何回も何回も同じところを繰り返し聞くことがよくあります。

そんな時に、サッと戻せないデバイスはストレスでしかありません。

なので、ご自身にあった再生デバイスを探しましょう。

僕が長年愛用しているのはコレ。

耳コピのための相対音感を身につける方法

mimiCopy – 耳コピ専用プレーヤー

耳コピに必要な機能が揃っているのはもちろん、スロー再生にした時に音の劣化が少ないのが嬉しいですね。

おわりに

耳コピのプロセスをまとめると、

[memo title=”MEMO”]

基準音をしっかり聴いて記憶する
→ 頭の中で再生、もしくは歌う
→ 楽器の音で確認する
→ 相対的に音程をチェック
→ 合っていたら次の音へ進む。
→ 違っていたら、もう一度楽器の音で確認に戻る。

[/memo]

こんなカンジです。

基準音がしっかりと頭に入っていない間は、楽器を鳴らすことは控えるが吉です。

僕は、自分自身の相対音感がよく分かっていませんでした。

だから、それまで耳コピが苦痛で仕方ありませんでした。

でも、相対音感ってこういうものか!って気付いてからは、意識的に鍛えることもできました。

何より、耳コピが随分と楽になりました。

あとは数をこなしていけば、どんどんと耳コピする力がついて来ます。

ではでは。

Related Articles

Related

耳コピに必要な3つの力とは

耳コピに必要な3つの力とは

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 耳コピしたいのに中々できなくて、もどかしい思いをしたことはありませんか? 耳コピにはちょっとしたコツがあります。 ただ、そのコツを掴むためには必要なモノがあるんです。 それが、 音感イメージあきらめない の3つです。 とは言っても、そんなものどうやって身につけるの? あきらめないって言われても、音感もなければイメージもつかない。だから、スタートラインにすら立てない・・・って、思いますよね。 僕も最初は無理だと思っていました。...

続きを読む
耳コピに必要な4つの音感について

耳コピに必要な4つの音感について

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 せっかく弾いてみたい曲があるのに、耳コピができなくて諦めてしまっていませんか? 耳コピに必要なものは、ズバリ音感。 音感なんてないから無理だと思っているそこのアナタ。諦めるのはまだ早いですよ!!! 音感は鍛えることができます。 今回は、耳コピに必要な音感には4つの要素があることを解説します。 音感を鍛える 音感について、自分がどういった感覚を持っているのか調べてみましょう。 一言で音感と言っても、色んな意味が含まれています。ウィキペディアで調べてみると・・・...

続きを読む
ベースの耳コピに必要なインターバルの知識

ベースの耳コピに必要なインターバルの知識

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 どうして、耳コピにインターバルが必要になるのか気になったことありませんか? その理由は、 相対的に音を探しやすくなるからです。   耳コピをする時に行き当たりばったりで音を探しているとしたら、その方法は物凄く遠回りしています。   耳コピは、聞いた音(取りたい音)と楽器で出した音が合っているかどうか判断して音を探していく作業です。 そして、音を探す時に使っている感覚がインターバルを感じ取っています。 いわゆる音感と呼ばれているものです。...

続きを読む