【動画で解説】半音下げチューニングの方法

【動画で解説】半音下げチューニングの方法

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

ベースの半音下げチューニングについて、クロマチック・モードフラット・チューニングの2種類の方法について動画を交えて解説します。

 

最初に、レギュラーチューニングについて事前に覚えておくことをオススメします!

 

 

半音下げチューニング(クロマチック・モード)

 

レギュラーチューニングから半音下げる方法です。

 

4弦から順番に、

 

  • E →→→ D# (E♭)
  • A →→→ G# (A♭)
  • D →→→ C# (D♭)
  • G →→→ F# (G♭)

 

と、なればOKです!

 

音程の表示について

メーカーによっては、チューナーの表示がフラット(♭)で表示される場合があります。

詳しくは、下記のチューニング音程一覧表をご覧ください。

目的の音程から少し低いところまで下げてから、ペグを締めていくとチューニングが安定しやすくなります。

 

チューニング音程一覧表

レギュラーチューニング半音下げチューニング
1弦GF# (G♭)
2弦DC# (D♭)
3弦AG# (A♭)
4弦ED# (G♭)

 

 

半音下げチューニング(フラット・チューニング)

 

  • 最初にチューナーの設定でフラット(♭)を1つ付ける
  • 表示はレギュラーチューニングと同じ

 

表示は、レギュラーチューニングのときと同じになります。

4弦から順番に、

 

  • F  →→→ E(実際は、D# / E♭)
  • A# →→→ A(実際は、G# / A♭)
  • D# →→→ D(実際は、C# / D♭)
  • G# →→→ G(実際は、F# / G♭)

 

と、なればOKです!

 

チューニング音程一覧表

レギュラーチューニングフラットを一つ付けた表示半音下げチューニングフラットを一つ付けた表示
1弦GG#(A♭)F# (G♭)G
2弦DD#(E♭)C# (D♭)D
3弦AA#(B♭)G# (A♭)A
4弦EF(G♭)D# (G♭)E

 

 

半音下げの良いところ

 

ベースのチューニングを半音下げると便利なことって色々あります。

メリットを3つ挙げると、

 

  • 開放弦を使いたい時
  • 4弦ベースで低いE♭を出したい時
  • 原曲のまま弾きたくて雰囲気を損ないたくない時

 

演奏時に開放弦(0フレット)を使えるって、運指がラクになったりして便利なんです。

レギュラーチューニングでは弾くことが困難な運指が、半音下げることであっさり弾けたりすることもあります。

 

例えば、ハイポジションを弾いているから次の音である「E♭」に間に合わない・・・

5弦ベースで音域はカバーできたとしても、5弦ベースでは(運指など)表現しにくいこともあります。

そんな場合、半音下げにしていると開放弦であっさり弾けちゃいます!

 

JUJUのやさしさに溢れるようにでは、こういったことが詰め込まれているように感じます。(耳コピした感覚です)

 

おわりに

半音下げには、半音下げのメリットがあります。

それは、レギュラーチューニングでは表現しにくいことができることです。

 

レギュラーチューニングでも5弦でも何か違うなぁと感じたとき、半音下げチューニングを考えてみて下さい。

その結果、運指がラクになりますよ!

ではでは。

 

スポンサーリンク