【動画で解説】ベースの半音下げチューニングが簡単にできる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

今回は、ベースの半音下げチューニングについて2種類の方法を解説します。

  • 一つ目は、クロマチック・モード
  • 二つ目は、フラット・チューニング

動画も用意しましたので、合せてご覧ください。

最初に、レギュラーチューニングについて事前に覚えておくことをオススメします!

半音下げチューニング(クロマチック・モード)

レギュラーチューニングから半音下げる方法

4弦から順番に、

  • 4弦E →→→ D# (E♭)
  • 3弦A →→→ G# (A♭)
  • 2弦D →→→ C# (D♭)
  • 1弦G →→→ F# (G♭)

と、なればOKです!

※音程の表示について

メーカーによっては、チューナーの表示がフラット(♭)で表示される場合があります。
詳しくは、下記のチューニング音程一覧表をご覧ください。

チューニング音程一覧表

レギュラーチューニング半音下げチューニング
1弦GF# (G♭)
2弦DC# (D♭)
3弦AG# (A♭)
4弦ED# (G♭)

目的の音程から少し低いところまで下げてから、ペグを締めていくとチューニングが安定しやすくなります。

半音下げチューニング(フラット・チューニング)

  • 最初にチューナーの設定でフラット(♭)を1つ付ける
  • 表示はレギュラーチューニングと同じ!

表示は、レギュラーチューニングのときと同じになります。

4弦から順番に、

  • F      →→→ E(実際は、D# / E♭)
  • A# →→→ A(実際は、G# / A♭)
  • D# →→→ D(実際は、C# / D♭)
  • G# →→→ G(実際は、F# / G♭)

と、なればOKです!

チューニング音程一覧表

レギュラー
チューニング
フラットを一つ
付けた場合
半音下げ
チューニング
フラットを一つ
付けた場合
1弦GG#(A♭)F# (G♭)G
2弦DD#(E♭)C# (D♭)D
3弦AA#(B♭)G# (A♭)A
4弦EF(G♭)D# (G♭)E

半音下げチューニングの良いところ

ベースのチューニングを半音下げると便利なことって色々あります。

メリットを3つ挙げると、

  • 4弦ベースで低いE♭を出したい!
  • 開放弦を使いたい!
  • 原曲のまま弾きたくて雰囲気を損ないたくない!

開放弦(0フレット)を使えると運指が楽になる場合があります。

レギュラーチューニングでは弾くことが困難な運指が、半音下げることであっさり弾けたりすることもあります。

例えば、ハイポジションを弾いていて次に弾く音が4弦の4フレットの「A♭」の音。どうやっても弾くタイミングが間に合わない・・・

5弦ベースだったら音域はカバーできますが、運指が大変になることもよくある話。

そんな場合、半音下げにすると開放弦であっさり弾けちゃいます!

おわりに

半音下げチューニングのメリットは、レギュラーチューニングでは難しい(できない)表現ができることです。

普段は出せない半音下の音程を開放弦で鳴らせること。これが非常に大きな意味を持ちます。

その結果、運指がラクになったりいつもとは違ったニュアンスが出せるようになります。

レギュラーチューニングでも5弦でも何か違うなぁと感じたとき、半音下げチューニングを考えてみて下さい。

ではでは。

Related Articles

Related

30秒でできる!ドロップDチューニングの方法【動画あり】

30秒でできる!ドロップDチューニングの方法【動画あり】

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ドロップDチューニングは、4弦のチューニングを「D」にすることです。 今回は、ドロップDチューニングについて解説します! 前もって覚えておきたいことは、レギュラーチューニングができるようになることです!(でないと、ちんぷんかんになってしまうので) ベースのチューニングで覚えること3つ ドロップDチューニング ドロップDチューニングのやり方はシンプルです。ただ、チューナーの設定によって表示方法が違います。 表示方法は大きく2種類。 ポイント クロマチック・モード フラット・チューニング...

続きを読む
すぐにできる!毎日やっておきたい基礎練習3つ

すぐにできる!毎日やっておきたい基礎練習3つ

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 毎日続けておきたい基礎練があります。 それは、 リズムトレーニング運指トレーニングイヤートレーニング の3つです。 これら3つを行うことで、音楽の基礎を高めることができるからです。 そして、あなたの中にある基準値のレベルが上がることが最大のメリットです。では、これらのトレーニングで意識しておきたい内容を具体的に見ていきましょう。 リズムトレーニング 音楽の大切な要素の一つがリズム。ベースにおいて、特に重要な要素でもあります。 しっかりしたリズムを鍛えるには、...

続きを読む
上手くなるために知っておきたいリラックスする方法

上手くなるために知っておきたいリラックスする方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースを弾いていて、疲れやすい・何度やっても上手くいかない・上達しない・・・ こんな思いをして練習がイヤになった事ありませんか? その原因、身体のどこかが緊張しているからかもしれません。 そんなこと言っても、 どこでどう緊張しているのか自分では分からなかったりしますよね。 でも、大丈夫です! これから紹介する事を意識して演奏・練習すれば、身体の緊張に気がつけるようになります。 そうすると、身体の緊張はリラックスできる部分に切り替わります。 しかも、リラックスできることで...

続きを読む