タブレットと相性抜群なベース楽譜はこちら

【動画で解説】ベースの半音下げチューニングが簡単にできる方法

half-step-down

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

今回は、ベースの半音下げチューニングについて2種類の方法を解説します。

一つ目は、クロマチック・モード

二つ目は、フラット・チューニング

動画を見ることで、より簡単にできるようになります。

最初に、レギュラーチューニングについて事前に覚えておくことをオススメします!

半音下げチューニング(クロマチック・モード)

レギュラーチューニングから半音下げる方法

4弦から順番に、

  • 4弦E →→→ D# (E♭)
  • 3弦A →→→ G# (A♭)
  • 2弦D →→→ C# (D♭)
  • 1弦G →→→ F# (G♭)

と、なればOKです!

音程の表示について

メーカーによっては、チューナーの表示がフラット(♭)で表示される場合があります。

詳しくは、下記のチューニング音程一覧表をご覧ください。

目的の音程から少し低いところまで下げてから、ペグを締めていくとチューニングが安定しやすくなります。

チューニング音程一覧表

レギュラーチューニング半音下げチューニング
1弦GF# (G♭)
2弦DC# (D♭)
3弦AG# (A♭)
4弦ED# (G♭)

半音下げチューニング(フラット・チューニング)

  • 最初にチューナーの設定でフラット(♭)を1つ付ける
  • 表示はレギュラーチューニングと同じ!

表示は、レギュラーチューニングのときと同じになります。

4弦から順番に、

  • F      →→→ E(実際は、D# / E♭)
  • A# →→→ A(実際は、G# / A♭)
  • D# →→→ D(実際は、C# / D♭)
  • G# →→→ G(実際は、F# / G♭)

と、なればOKです!

チューニング音程一覧表

レギュラーチューニングフラットを一つ付けた表示半音下げチューニングフラットを一つ付けた表示
1弦GG#(A♭)F# (G♭)G
2弦DD#(E♭)C# (D♭)D
3弦AA#(B♭)G# (A♭)A
4弦EF(G♭)D# (G♭)E

半音下げチューニングの良いところ

ベースのチューニングを半音下げると便利なことって色々あります。

メリットを3つ挙げると、

  • 4弦ベースで低いE♭を出したい!
  • 開放弦を使いたい!
  • 原曲のまま弾きたくて雰囲気を損ないたくない!

演奏時に開放弦(0フレット)を使えるって、運指がラク(簡単)になって便利なんです。

レギュラーチューニングでは弾くことが困難な運指が、半音下げることであっさり弾けたりすることもあります。

例えば、ハイポジションを弾いているから次の音である「A♭」に間に合わない・・・5弦ベースで音域はカバーできたとしても、運指がかえって大変になることも。

そんな場合、半音下げにしていると開放弦であっさり弾けちゃいます!

JUJUのやさしさに溢れるようにでは、こういったことが詰め込まれているように感じます。(耳コピした感覚です)

おわりに

半音下げチューニングのメリットは、レギュラーチューニングでは難しい(できない)表現ができることです。

普段は出せない半音下の音程を開放弦で鳴らせること。これが非常に大きな意味を持ちます。

その結果、運指がラクになったりいつもとは違ったニュアンスが出せるようになります。

レギュラーチューニングでも5弦でも何か違うなぁと感じたとき、半音下げチューニングを考えてみて下さい。

ではでは。