あらゆるジャンルで使える!2フィンガー奏法

あらゆるジャンルで使える!2フィンガー奏法

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

2フィンガー奏法のメリットをご存知ですか?

 

実に多くの方が、この2フィンガーで演奏していると思います。

3〜4フィンガーなどの超絶テクがよく見られる様になった今でも、この2フィンガー奏法が基本にあり主流なスタイルでしょう。

最もメリットが多い奏法だからこそ、主流であるとも言えます。

 

今回は、2フィンガー奏法のメリットを3つ挙げてみました。

 

内容は以下の3つです。

  • コントロールしづらい指を使わなくてもよい
  • 高速フレーズを弾きこなすのも可能
  • 様々なニュアンスの音が出せる

 

 

コントロールのしやすさは大事

一般的に2フィンガーは、人差し指と中指を使って弾きます。

それ以外の「人差し指と薬指」とか「中指と薬指」の組み合わせじゃダメなのかというと、そんなことはありません。

 

コントロールしやすい2本の指の組み合わせで弾くことが大事です。

 

ですが、

薬指と小指ってコントロールしづらくないですか?

この2本の指はホント言うこと聞かないですし、ハードなトレーニングを積まないとうまく機能してくれません。

それらの指を使わずに弾けるのが、2フィンガーのメリットのひとつです。

 

高速フレーズにも対応できる

冒頭でも述べた様に、3フィンガーや4フィンガーといった超絶テクがよく見られる様になってきました。

なので、2フィンガーでのスピードの速さにあまりピンと来ないことがあると思います。

 

ただ、2フィンガーでもかなりの高速フレーズを弾いているベーシスト代表といえば、やはりジャコ・パストリアスが挙げられます。

Weather Reportのアルバム『8:30』に入っている「Teen Town」を一度聞いてみて下さい。本っ当に速いです。2フィンガーでここまで速く弾けるのかと勇気と絶望を与えてくれます。

 

最近のベーシストで言えば、やはりアドリアン・フェローでしょうか。ジャコの再来と言われています。

2:00過ぎからの熊蜂の飛行を、エクササイズとして弾いているんですが早いのなんの・・・

 

様々なニュアンスの音を出すことができる

弦に対して深く指を当てたり指先で弾いたりすることで、様々なニュアンスの音を出す事ができます。

音の強弱や色ツヤなども、指先のちょっとした加減でコントロールすることができます。

 

素晴らしいベーシストと言われている人は、これができています。

 

オススメの名盤〜2フィンガー篇〜

ジャコ・パストリアスは、言わずと知れたベーシストでありベースの革命児。

ジャコ・パストリアスの肖像+2

ジャコ・パストリアスの肖像+2

ジャコ・パストリアス, サム&デイヴ
1,200円(12/17 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ダニー・ハサウェイの『ライヴ』でベースを弾いているのは、ウィリー・ウィークス。圧巻のグルーヴで、うねりまくるベースを聞くことができます。

もし無人島に持って聞けるのなら、僕はこのアルバムを持っていきます。

ライヴ

ライヴ

ダニー・ハサウェイ
4,471円(12/17 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

オークランド・ファンクと呼ばれるバンド、タワー・オブ・パワーのライブアルバム

『ソウル・ヴァクシネイション』

ミュートのかかった音色でカッコイイ16分音符を聞かせてくれるのは、ロッコ・プレスティア。

ソウル・ヴァクシネイション

ソウル・ヴァクシネイション

タワー・オブ・パワー
Amazonの情報を掲載しています

など、オススメ音源です。

 

まとめ

あらゆる状況に対応できる奏法が2フィンガー奏法です。

よほどの高速フレーズを弾きたいベーシストでない限り、ほとんどの音楽に対応できます。

最初に2フィンガーを習得するとニュアンスを大事にしていきたいと思うのか、さらに速くピッキングできる3フィンガーを目指したいのかも見えてくると思います。

 

テクニックは表現したい音があるからこそ、身に付けたくなります。

あなたに必要なスキルを身に付けてみて下さい。

 

ではであh。

スポンサーリンク