スライドとグリッサンドについて

スライドとグリッサンドについて

押弦した状態で指を滑らせる奏法を、スライド・グリッサンドといいます。

音程をなめらかに繋いだり弦を滑らせるタイミングをコントロールする事で、粘っこさや迫力のある印象を与えることができます。

楽譜上での表記は、スラーの記号にスライドは「s」グリッサンドは「g」で表記されます。

slide

スライドは、決まった音程から音程へ音を繋ぐ時に使われます。経過音を鳴らすので、ハンマリングとはまた違った印象になります。

スライドの特徴

スライドは、音程が離れていてもスタートの音からゴールまでの音を通過するので、滑らかに音を繋げられるのが特徴です

マリーナ・ショウのFeel Like Makin’ Loveで、チャックレイニーが素晴らしいスライドとグリッサンドを聞かせてくれます。

グリッサンドについて

グリッサンドは、音程が明らかではないスライドとも考えられます。

音程の始まりや終わりが定まっていなかったり、両方が曖昧な場合もあります。

グリッサンドをかけるスピードが変われば、違った雰囲気が色々と出せるので試してみて下さい。

グリッサンドはフィルインでも使われることがあり、個性が出やすい奏法でもあります。

グリッサンドの迫力は、ベースの特権でもあり魅力のうちの一つです。

マーカスミラーが格好良くグリッサンドを使っている印象があります。Come Togetherでは、グリッサンドソロが聞けます。

リズムの格好良いので、グリッサンドがラップの様に聞こえます。

スライドやグリッサンドで使う指について

スライド(グリッサンド)をする指は、基本的にどの指を使っても構いません。

ただし、やりやすい指だけですると次のフレーズへと上手く繋げられない場合が出てきます。

先のことを意識しながら運指を考えると良いでしょう。

スライドをしたい音程が半音や全音など近い場合、親指を支点にして押弦している指を右にずらすとスライドがしやすくなります。

その場合、左手の薬指で押さえるとやりやすいかもしれません。

まとめ

  • スライドは、「始まりと終わり」が決まっている奏法
  • グリッサンドは、「始まり」もしくは「終わり」または、その両方が決まっていない奏法

スライドやグリッサンドは、滑らかに音を繋いだりフレーズを歌わせたり、迫力を持たせたりと色んなニュアンスを出せる奏法です。

ハンマリングやプリングと組み合わせて使うと、より多彩なフレージングが可能になります。

表現力が上がるので、是非マスターしたいテクニックです。

Related Articles

Related

ベースのオクターブが押さえやすくなる方法

ベースのオクターブが押さえやすくなる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 オクターブを制する者はベースを制す! 少し言い過ぎかもしれませんが、ステップアップするためにオクターブは必須の奏法です。 オクターブ奏法で苦労しているのは、何もあなただけではありません。 ほとんどのベーシストが、悩み・苦労するポイントです。 ですが、確実に楽になる方法はあります! 結論から言うと、 力を入れすぎないで練習することです。 オクターブ奏法が辛いのは、こんな思いをしたからではありませんか?...

続きを読む
ダブルストップについて

ダブルストップについて

ダブル・ストップについて ベースは主に単音で演奏しますが、時には2音を同時に鳴らすことがあります。 これをダブル・ストップ(重音奏法)といいます。ベースで、ハーモニーを出したい時に使われる奏法の一つです。 ルートと3度のダブルストップ 最も使いやすいダブルストップは、開放弦を使った方法。 これは、 メジャーコード メジャー7thコード 7thコード と、主にのメジャータイプのコードで使われます。 Aの開放弦とメジャー3rd(10th) Dの開放弦とメジャー3rd(10th) Eの開放弦とメジャー3rd(17th) 3度と7度...

続きを読む
ヴィブラートについて

ヴィブラートについて

ヴィブラートとは 音を揺らす事をヴィブラートといいます。歌で最も使われるテクニックです。 ベースラインでヴィブラートをかける事は多くはありませんが、メロディーを弾く場合やフレットレスベースでの演奏の時に、ヴィブラートが使われます。 楽譜上での表記は、「」で表記されます。   ヴィブラート奏法の方法 元の音程と少し高い(低い)音程を素早く行き来する事で、音の揺れを表現できます。弦を左右に揺らす方法と、上下に揺らす方法があります。 弦を左右に揺らす方法...

続きを読む