チョーキングについて

チョーキングについて

スポンサーリンク

チョーキングについて

押弦した状態で、弦を縦に引き上げたり引き下げたり(ベンド)して音程を上げる奏法です。チョークアップとチョークダウンの2種類あります。

 

楽譜上での表記は、他の奏法より少し多いです。

「C」「H.C」「Q.C」と「U」「D」で表されます。

 

 

チョーキングの方法

 

左手の指は、薬指で押弦し中指を添えます。そのまま2本の指で弦を引っ張り上げるように持ち上げます。

ベースの弦は(セッティングにもよりますが)ギター以上にテンションがキツいので、しんどければ人差し指も添えてチョーキングしても良いでしょう。

1、2弦をチョーキングする場合は、弦を押さえながら3弦(上)の方向へ(縦に)引っ張り上げます。3、4弦をチョーキングする場合は2弦(下)の方向hへ(縦に)引き下げます。

 

 

チョーキングの種類

 

チョーキングは、基本的に音程が上がる奏法です。「C」のつく記号は、基準の音から音程を上げる時に使います。

 

Q.C.(クウォーターチョーキング)

半音の半音だけ音程を上げます。4分の1のチョーキングです。ブルーノートの表現で使われることが多いです。

 

H.C.(ハーフチョーキング)

半音、音程を上げます。フレット1つ分の音程です。よく使われるチョーキングです。

 

C.(チョーキング)

全音、音程を上げます。フレット2つ分の音程です。ベースでは弦のテンションの関係で、ここが限界ではないでしょうか。

 

U.(チョーク・アップ)

チョーキングで音程を上げた(弦を持ち上げた)状態からピッキングします。

 

D.(チョーク・ダウン)

チョーキングで上がった音程を元の音程に戻す時に使われます。チョーク・アップとセットで使われることが多いです。

チョークダウンの注意点として、弦のテンションに任せてチョーキングを戻さない事です。あくまでも自分の指で戻す事を心掛けて下さい。

 

おわりに

ベースでのチョーキングは、弦のテンションが強かったり弦高が高いと大変です。弦を持ち上げるのが辛かったら2〜3指を使って上げてみましょう。チョーキングしたい弦によっては、下方向にベンドします。

チョーキングの指をキープするのが大変なので、音程はどうしても少し低くなりがちです。実音と比べて、しっかりと弦をベンドすることが音程の取り方のコツです。

 

最後にマーカスミラーのチョーキングが冴えるベースソロ(2:30〜)をお聞き下さい。

スポンサーリンク