ベースラインを作りたい!でも、どうしたら良いか困った時の解決方法

ベースラインを作りたい!でも、どうしたら良いか困った時の解決方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースラインを作る時に迷ったりしていませんか? もう少し変化を加えたいのに、どうしたら良いのか分からない。 ただ、ルートを弾くだけになってしまっている。 ベースラインが、楽曲に与える影響は多大です。 どうすれば、ベースラインが変化し楽曲全体がより良くなるのか知る必要があります。 今回は、ベースが楽曲にどんな影響を与えるのか解説します。 この方法が分かると、あなたのベースもちょっとした変化で格好良くなるコト間違いなしです! 音の長さを変える...

続きを読む
ベース初心者でもすぐに曲が弾ける方法

ベース初心者でもすぐに曲が弾ける方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 弾きたい曲があるのに難しくてムリ! ここの運指が出来なくて弾けない。 楽譜(音符・タブ譜)が苦手・・・ こんな思いを一度は経験したことありませんか? それでも曲が弾きたい!弾けるようになりたいっ!!今、弾きたいっ!!! そんなあなたにオススメしたい方法があります。 特に、 楽譜(音符・タブ譜)のリズムがよく解らない曲のテンポが速くて指がうまく回らない・追いつかないとにかく曲に合わせて弾きたい こういった思いを持っているのなら、最後まで読んでみて下さい。...

続きを読む
ベースの押弦にはコツがある

ベースの押弦にはコツがある

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 弦高調整はバッチリ!それなのに、押弦がうまくいかなかくて音がビビったりしていませんか? その原因、左手の親指の位置にあるかもしれません。 その場合、親指の位置がどうなっているのかを見直すことで意外とあっさり解決することができます。 親指が適切な位置にある事で音のビビリが改善し、さらに3つの効果が得られます。 それは、 押弦に力がいらなくなる指が広がりやすくなるそれにより、スムーズなフィンガリングができる といった効果を以前より感じることができます。...

続きを読む
誰でもできるリズムキープの練習方法

誰でもできるリズムキープの練習方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 周りのメンバーからリズムが走ってる・モタッていると言われたことありませんか? 自覚はないけど一緒に演奏する人から言われて初めて気が付いた演奏中は感じなかったけど録音を聞いて気が付いたなどお客さんに言われた・・・ など。 今回は、どうすればリズムキープができるのか解説します。 最後まで読んでもらえたら、あなたがリズムキープできない原因も分かりますよ! 周りを聞くことから始まる リズムキープできていない時は、大抵『周りの音』が聞けていません。...

続きを読む
耳コピに必要な3つの力とは

耳コピに必要な3つの力とは

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 耳コピしたいのに中々できなくて、もどかしい思いをしたことはありませんか? 耳コピにはちょっとしたコツがあります。 ただ、そのコツを掴むためには必要なモノがあるんです。 それが、 音感イメージあきらめない の3つです。 とは言っても、そんなものどうやって身につけるの? あきらめないって言われても、音感もなければイメージもつかない。だから、スタートラインにすら立てない・・・って、思いますよね。 僕も最初は無理だと思っていました。...

続きを読む
【楽譜の読み方】タブ譜とコード譜のメリットとデメリット

【楽譜の読み方】タブ譜とコード譜のメリットとデメリット

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 タブ譜やコード譜にはメリット・デメリットがあること、ご存知ですか? 最初の取っ掛かりとして、とても便利なタブ譜自分なりの解釈を交えて弾ける自由度の高いコード譜 今回は、どちらにもあるメリット・デメリットを解説します。これらを知る事で、ベースを弾くときの選択肢が増えます。 メリット タブ譜 タブ譜は、とても便利です。弦とフレットの位置と音符の長さを確認し、実際にベースで弾く。 といった具合に、慣れてくると直感的に読める楽譜です。 [kanren id="460"]...

続きを読む
上達スピードが何倍にも加速するために知っておきたいこと

上達スピードが何倍にも加速するために知っておきたいこと

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースを弾く時、身体を使っていることを意識していますか? ベースをコントロールするということは、身体をコントロールしているということです。 「一体、何を言ってるの?」 っと、思われるかもしれません。 例えば、演奏するときに 「中指で3弦3フレットを押さえてピッキングは人差し指でする」 などと、いちいち全ての動作を考えませんよね。 その上で、自分の演奏した音を耳を使って「弾けている」と判断している訳です。 これらは、無意識に行われていることです。...

続きを読む
耳コピに必要な4つの音感について

耳コピに必要な4つの音感について

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 せっかく弾いてみたい曲があるのに、耳コピができなくて諦めてしまっていませんか? 耳コピに必要なものは、ズバリ音感。 音感なんてないから無理だと思っているそこのアナタ。諦めるのはまだ早いですよ!!! 音感は鍛えることができます。 今回は、耳コピに必要な音感には4つの要素があることを解説します。 音感を鍛える 音感について、自分がどういった感覚を持っているのか調べてみましょう。 一言で音感と言っても、色んな意味が含まれています。ウィキペディアで調べてみると・・・...

続きを読む
ベースの耳コピに必要なインターバルの知識

ベースの耳コピに必要なインターバルの知識

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 どうして、耳コピにインターバルが必要になるのか気になったことありませんか? その理由は、 相対的に音を探しやすくなるからです。   耳コピをする時に行き当たりばったりで音を探しているとしたら、その方法は物凄く遠回りしています。   耳コピは、聞いた音(取りたい音)と楽器で出した音が合っているかどうか判断して音を探していく作業です。 そして、音を探す時に使っている感覚がインターバルを感じ取っています。 いわゆる音感と呼ばれているものです。...

続きを読む
音楽リズム用語集

音楽リズム用語集

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズムのことを調べていたら、いろんな言葉が出てきます。 リズム感をしっかりと身に付けようとしたとき「言葉」で迷ったことないですか? 同じ言葉を使っていても解釈が違ってしまい、感覚を共有できないことがあります。 例を挙げると「グルーヴ」 この言葉の解釈は、人それぞれあるように感じます。 その答えは、突き詰めていくと恐らくどれも正解なのでしょう。 感覚の部分を言葉で説明しようとするとなかなか難しいです。何より時間が掛かります。...

続きを読む
ベース初心者が最初にやっておきたいこと

ベース初心者が最初にやっておきたいこと

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 初心者の頃は、できないことだらけです。僕自身もそうでした。その頃と今を比べると圧倒的に足りていなかったのが、楽器をコントロールする力です。 楽器コントロールは、何もしなければ衰えて行く(忘れて行く)のも事実です。ゆっくり時間を掛けて身に付けていくしか方法がありません。 では初心者の場合、楽器コントロール他に何を優先的にできるようになれば良いのかをまとめてみました。 指版をしっかり把握する 何の音を弾いているのか、どのコードのルートを弾いているのか解るようにしましょう。...

続きを読む
ベーシストがインターバルを覚えるメリット

ベーシストがインターバルを覚えるメリット

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 インターバルをご存知ですか? 僕はその昔、インターバルを蔑ろにしていました。その理由はシンプルです。 『なんかややこしそう〜』 そう思っていました。 ですが、今ならハッキリと言えます! もっと早いこと理解しとけば良かった!!! と、後悔しました。 何故なら、インターバルを覚えることで色んなメリットが生まれるからです。 例えば、 スケールか解るハーモニーが解るアドリブができる など、音程に関してのメリットが生まれます。これらができると、耳コピも容易にできるようになります。...

続きを読む
リズム感を良くするメトロノームと上手な付き合い方

リズム感を良くするメトロノームと上手な付き合い方

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 メトロノームを使って練習していますか? リズム感を良くするためには、積極的にメトロノームを活用しましょう! 何故なら、リズムの理解には段階があるからです。 ステップをしっかり踏んでクリアしていくことで、本当に良いリズム感は養われます。 今回は、リズム感を良くするために活用したいメトロノームの使用方法ついて解説していきます! メトロノームを使う必要性 いわゆるカウントです。曲を聴いていてどんなカウントを数えれば良いのか分からない場合、ビートの感覚がない事が主な原因です。 [kanren...

続きを読む
初心者に知ってもらいたい!弦を楽に押さえる方法

初心者に知ってもらいたい!弦を楽に押さえる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 弦の押さえ方が上手くいかなくて困ったことありませんか? 特に初心者の場合、音が出なくて苦労しますよね。 人によって手の大きさや指の長さが違うので絶対的な正解はありません。 でも、こうすれば押さえやすくなるとか音が綺麗に鳴る方法はあります。 今回は、押弦が楽になるコツを解説していきます! この記事の内容を実践することで、押弦がスムーズになります。 その結果、上達スピードもうんと上がりますよ! 重要なのは押さえる側の親指...

続きを読む
ベースのアドリブはコレを覚えたらできる!

ベースのアドリブはコレを覚えたらできる!

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースでアドリブってできますか? ひょっとしたら、アドリブをすごく難しいものとして考えていませんか? 僕は、以前まで難しいものだと考えていました。 でも、今はそんなに難しいと考えていませんし思わなくなりました。 なぜなら、アドリブは誰にでもできるって思えるからです。 もちろん、誰かのアドリブやフレーズで難解なテクニックだなと思うものは沢山あります。 最初に断っておきますが、僕は超絶テクニックは何一つ持ち合わせていません・・・...

続きを読む
【指板図で解説】最初に覚えておきたいベースのスケール

【指板図で解説】最初に覚えておきたいベースのスケール

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 スケールって世の中に沢山ありますよね。その中で、きっと一番耳馴染みのあるスケールは『ドレミファソラシ』ではないでしょうか。 別名、Cメジャースケールと言います。覚えたいスケールの一つです。 次に、『ドレミファソラシ』を『ラ』の音から始めた『ラシドレミファソ』のスケール。 別名、Aナチュラルマイナースケールと言います。これも覚えたいスケールの一つです。 そして、一番オススメしたいスケールが『ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ#・シ』のスケール。...

続きを読む
リズムの苦手を克服するための方法論

リズムの苦手を克服するための方法論

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズムが苦手と感じている。 コンプレックスがあるせいで、リズムに対して触れられたくなかったり指摘されることに嫌気を感じていませんか? それがキッカケになってしまって、気付いたら音楽から離れてしまったなんてことも。 克服するには、自分と向き合わなければいけません。 今のあなたがリズムをどう捉えているのか認識していき、一つずつクリアしてみませんか? 方法はとてもシンプルです。クリックを使った方法で、リズムの感覚を養いましょう。 はじめに...

続きを読む
耳コピがはかどる!音感の鍛え方は3つのことを覚えるだけ

耳コピがはかどる!音感の鍛え方は3つのことを覚えるだけ

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 誰かが演奏している音をパっと探し出せるようになりたいって思ったことありませんか? なのに、なかなか探し出せなくてイライラ・・・ 自分には音感が無いって思ってしまいますよね。絶対音感があればこんな苦労しなくても良いのにって・・・ でも、絶対音感がなくても音感は鍛えられます! 音感を養う・音を探し出せる力を身に付けるのに必要なことは3つです。 インターバルを覚える基準を作るイメージを鍛える この3つを繰り返し鍛えることで、音感の精度が上がっていきます。 出したい音をイメージする...

続きを読む