タブレットと相性抜群なベース楽譜はこちら

夏祭り / Whiteberry

【アイキャッチ】夏祭り

曲の概要

JITTERIN’JINNのカバー曲として有名な曲「夏祭り」

Whiteberryの代表曲として知られています。

ウィキペディア(Wikipedia)

日本のガールズバンド、Whiteberryの3枚目のシングルとして、2000年8月9日にソニー・ミュージックレコーズから発売された。

  • 毎日放送制作TBS系ドラマ30「ふしぎな話」主題歌、TVアニメ「ReLIFE」第12話エンディングテーマ(2016年)。
  • オリコン最高3位を記録。Whiteberryの最大ヒット曲であり、「第51回NHK紅白歌合戦」出場の際にも歌われた。累計売上ではオリジナルを大きく上回っている。
  • 音楽ゲーム「太鼓の達人」では、アーケード版では第2作以降すべての作品に登場する人気曲である。

雑誌や楽譜で「初心者にオススメ」と取り上げられる1曲です。

音楽教室の発表会などでもよく演奏されます。

ベースラインについて

イントロ〜Aメロ〜サビと大きく3つの構成に分けられます。8分音符、16分音符をしっかり弾き分けることがポイントです。

テンポは♩=141

イントロ

ドラムのスネアとギターとのユニゾンするフレーズ。歌とピアノの後にバンドインする部分。

テンポが変わるので注意したいところ。バンドで演奏する場合は、テンポが共有できているか練習してほしい。

16分音符の速さに付いていけない時は、リズムを8分音符に変えて弾いてみよう。

Aメロ

5小節目からのフレーズは、この曲で1番の難関になる部分。

運指やリズムが難しく感じる場合は、無理せずにルートをしっかり弾くことを心掛けると良いです。和太鼓を連想させるドラムとしっかりリズムを合わせよう。

サビ

運指を決めて8分音符のリズムをしっかり弾きたい。最後のサビは繰り返すので、テンポが落ちていかないように気をつけたいところ。

間奏

ギターソロの部分。コード進行はサビと同じ。

演奏のポイント

ベースに関して言うと、初心者が初めての曲にするには少し酷かな。。と個人的に思います。

原曲のテンポに追いつかない場合は、テンポ♩=141で8分音符弾けるように練習してみましょう。テンポ♩=141で8分音符が弾けるようになれば(原曲通りじゃなくても)1曲通して弾けるようになるでしょう。

こはらゆうき

慣れない間は、ムリして16分音符を弾かなくてもいいよ!

夏祭り / Whiteberry【ベース・タブ譜】

 

  • PDFファイル形式
  • PC・タブレット・スマートフォンで使える
  • もちろん印刷できる
    A3用紙1.5ページ(A4用紙3枚)に収まる
  • パート譜だから見やすい
  • 戻らなくても良いから迷わない

※こちらはダウンロード商品です。