【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

コードの明るさと暗さを決定する音程があります。  

それは、3度の音程です。

ルート(基準の音)から、長3度の音程をメジャーサード(Major3rd)といい、短3度の音程をマイナーサード(minor3rd)といいます。

一般的にメジャーが明るく、マイナーが暗く響くと例えられています。  

今回は、ベースで3rdの音程をどのように扱っていくのか解説します。  

メジャーサード(Major3rd)のポジション

メジャーサード(Major3rd)を指板上、フレットの位置で見てみるとルートから右に4つ離れた位置にあります。  

ルートとMajor3rdの指板図

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

ルートがCの場合、メジャーサードの音はEです。

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

ルートの位置はそのままでメジャーサードのポジションを変えると、こんな感じ。

[yoko2 responsive]

[cell] 【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

[/cell]

[cell]

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

[/cell]

[/yoko2] 

(ベースを構えた状態で見ると)ルートからフレット1つ分左斜め下の位置がメジャーサードです。  

インバージョンした場合のメジャーサードの位置

[memo title=”MEMO”]インバージョンとは 基準の音に対して反転・転回させることです。 [/memo]  

オクターブ下に持ってきた場合

  【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

ルートから短6度下にあるメジャーサードとも言えます。

  ルートがCの場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音    

オクターブ上に持ってきた場合

  【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

ルートから長10度上にあるメジャーサードとも言えます。

ルートがCの場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音    

使えるコードタイプ

メジャーサードが使えるコードタイプは主に、

[list class=”li-check”]

  • □Majメジャー・トライアド・コード
  • □Maj7メジャー・セブンス・コード
  • □7ドミナント・セブンス・コード
  • □7(♭5)ドミナント・セブンス・フラット・フィフス・コード
  • □augオーギュメント・コード
  • □augMaj7メジャー・セブンス・シャープ・フィフス・コード
  • □aug7ドミナント・セブンス・シャープ・フィフス・コード)  

が付いているコードで使うことができます。    

[/list] 

マイナーサード(minor3rd)のポジション

マイナーサード(minor3rd)を指板上、フレットの位置で見てみるとルートから右に3つ離れた位置にあります。  

ルートとminor3rdの指板図

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

ルートがCの場合、マイナーサードの音はE♭です。

ルートの位置はそのままでマイナーサードのポジションを変えると、こんな感じ。

[yoko2 responsive]

[cell]

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

[/cell]

[cell]

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

[/cell]

[/yoko2]  

(ベースを構えた状態で見ると)ルートからフレット2つ分左斜め下の位置がマイナーサードです。  

インバージョンした場合のマイナーサードの位置

 

オクターブ下に持ってきた場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音  

ルートから長6度下にあるマイナーサードとも言えます。

ルートがCの場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音  

オクターブ上に持ってきた場合

  【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

ルートから短10度上にあるメジャーサードとも言えます。

ルートがCの場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音    

使えるコードタイプ

マイナーサードが使えるコードタイプは主に、

[list class=”li-check”]

  • □mマイナー・トライアド・コード
  • □m7マイナー・セブンス・コード
  • □m7(♭5)マイナー・セブンス・フラット・フィフス・コード
  • □mMaj7マイナー・メジャー・セブンス・コード
  • □dimディミニッシュ・コード
  • □dim7ディミニッシュド・セブンス・コード
  • □m6マイナー・シックス・コード 

が付いているコードで使うことができます。    

[/list]

形でおぼえると応用しやすい

メジャーもマイナーも、押さえる指の形を覚えることで応用しやすくなります。

例えば、ルートの位置の弦が変わっとしても形をそっくりそのまま移動することで音程が保たれます。

 [yoko2 responsive]

[cell]

2弦ルートの場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

[/cell]

[cell]

1弦ルートの場合

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

[/cell]

[/yoko2]        

ルートより低い位置にあるコードトーンの形を覚えることで、演奏に表現力が上がります。

 

おわりに

メジャーとマイナーの3度音程は、ハーモニーのカラーを決定付けます。

ベースの基本は、あくまでもルートをしっかりと演奏しハーモニーを支えることです。その事を軸にして3度音程を使うと、より華やかなベースラインを作ることができます。

 

ではでは。

Related Articles

Related

スウィングのベースラインを作る方法

スウィングのベースラインを作る方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   ジャズは好きだけど、演奏するには難しくて敬遠している。 もしくは、一度どんなものかチャレンジしてみたいといった方へ、スウィングのベースラインを作る時の考えを書いてみます。   事前に知っておきたい事は、以下の3つです。   コードを見てルートや構成音(3rd・5th・(7thも分かれば尚良し))が分かる 指板上のポジションを押さえにいける。または、探す事ができる 2分音符・4分音符のリズムが弾ける   こちらの記事でも詳しく解説しています。...

続きを読む
ダイアトニックコードを簡単に導き出す方法

ダイアトニックコードを簡単に導き出す方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   ダイアトニックコードを全部覚えるのって大変ですよね。 実は、ダイアトニックコードを簡単に導き出す方法があります。 それは、ディグリーネーム(度数表記)で覚えることです。   今回は、ディグリーネームの内容と応用の仕方について解説していきます。   ダイアトニックコードをディグリーネームで覚えると、曲のコード進行が素早く覚えられるようになります。 また、移調も容易にできるようになりとても便利です。     ディグリーネームとは...

続きを読む
ベースの役割がわかる!コードの仕組みについて

ベースの役割がわかる!コードの仕組みについて

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   コードは、バンドやアンサンブルにおいて主にギタリストやピアニストが弾いています。ベーシストは、コードのルートを支えるといった非常に大事な役割を担っています。 今回は、コードができ上がる仕組みについて解説します!これが分かることで、楽曲にどんなコードが使われているのか判断しやすくなり耳コピも捗るようになります。 コードの仕組みについて コードとは、基準の音からある規則性によって出来上がる音の集まりと言えます。...

続きを読む