Bluesについて

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

Bluesを演奏するにあたって、プレイヤー全員が覚えているのがコード進行です。これを覚えていると、ベテランのミュージシャンも楽器を初めて間もない人でも一緒に混ざってプレイできるジャンル。と言っても過言ではないかもしれません。

そして、Bluesのコード進行を知っていると、言葉は喋れなくても世界中のプレイヤーと一緒に演奏できる最も有名なジャンルとも言えます。

 

Blues進行の基本系

Bluesには決まったコード進行があり、基本的に12小節で1コーラスの形態を持つ音楽スタイルのことを言います。

 

例外として、8小節のBluesもあったりします。それでは、Bluesのコード進行をおさらいしてみましょう。

key = A のブルース進行を見てみます。

 

Bluesのコード進行 その1

blues_dig

 

 

Bluesのコード進行 その2

blues_dig1

 

コード進行その1とその2の違いですが『2小節目がⅣ7に行くかⅠ7のまま』かの違いがあるので注意しましょう。

Blues進行は、この基本形を憶えておくと、とりあえずは困ることはないです。

 

コードはすべて7thコードになっていてこれがBluesの響きを作る最大の要因になっています

 

 

Bluesをディグリーネームと機能で覚える

コードネーム下のディグリーネーム(度数)Ⅰ7、Ⅳ7、Ⅴ7を覚えることで移調がしやすくなります。それぞれ、トニック(Ⅰ7)、サブドミナント(Ⅳ7)、ドミナント(Ⅴ7)といった機能があります。

Bluesは3つのコードしかないので、覚えやすさは他の楽曲に比べると格段にラクです。

11、12小節目は「ターン・アラウンド」と呼ばれる部分です。Blues進行を繰り返し演奏するときに、流れをスムーズにするためにドミナントコード(Ⅴ7)にすることがほとんどです。

 

[kanren id=”2254″]

 

リズムについて

多くのBluesは、シャッフルのリズムで演奏されます。(もちろんシャッフル以外のリズムでも演奏されます)

 

Sweet Home Chicago(YouTube) 

 

色んなアーティストにカバーされている「Sweet Home Chicago」この動画はBluesのオールスターが集まって演奏しています。

 

B.B King – I Want You So Bad(YouTube)

 

16分音符のスウィング感が気持ち良く、ファンキーなベースラインが印象的なBlues。このベースはジェーリー・ジェモット。

ファンキーなベースラインが聞けるBluesの一枚。

 

Bluesの種類

Bluesは、アメリカの地域ごとに発展してきた音楽で細分化することができます。

ギタリストの代表的なものを挙げてみました。

 

[yoko2 responsive]

[cell]

デルタ・ブルース

Crossroad(YouTube)

 

ロバート・ジョンソン

[/cell]

[cell]

シカゴ・ブルース

Got My Mojo Workin'(YouTube)

 

マディ・ウォーターズ

[/cell] [/yoko2]

 

[yoko2 responsive]

[cell]

テキサス・ブルース

Stormy Monday Blues(YouTube)

 

Tボーン・ウォーカー

[/cell]

[cell]

ルイジアナ・ブルース

Come On – part1(YouTube) 

 

アール・キング

[/cell] [/yoko2]

 

[yoko2 responsive]

[cell]

モダン・ブルース

The Thrill Is Gone(YouTube)

 

B.B・キング

[/cell]

[cell]

ファンク・ブルース

I Can’t Lose (With The Stuff I Lose)”&”Tin Pan Alley”

 

フィリップ・ウォーカー

[/cell] [/yoko2]

 

ジャズ・ブルース

[yoko2 responsive]

[cell]

Saturday Night Blues

 

ケニー・バレル

[/cell]

[cell]

West Coast Blues (YouTube)

 

ウェス・モンゴメリー

[/cell] [/yoko2]

さいごに

Bluesは3コードの12小節とシンプルですが、奥が深く色んな要素が詰まっているジャンルです。シンプルだからこそ曲の盛り上げ方やアドリブの仕方などが、どういった展開でされているか発見もしやすいように思います。

気にいった種類のBluesを掘り下げていくのも、楽しみ方の一つとして是非取り入れてみて下さい。

 

ではでは。

Related Articles

Related

【動画で解説】ベースの半音下げチューニングが簡単にできる方法

【動画で解説】ベースの半音下げチューニングが簡単にできる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 今回は、ベースの半音下げチューニングについて2種類の方法を解説します。 一つ目は、クロマチック・モード二つ目は、フラット・チューニング 動画も用意しましたので、合せてご覧ください。 最初に、レギュラーチューニングについて事前に覚えておくことをオススメします! 半音下げチューニング(クロマチック・モード) レギュラーチューニングから半音下げる方法 4弦から順番に、 4弦E →→→ D# (E♭)3弦A →→→ G# (A♭)2弦D →→→ C# (D♭)1弦G →→→ F# (G♭)...

続きを読む
30秒でできる!ドロップDチューニングの方法【動画あり】

30秒でできる!ドロップDチューニングの方法【動画あり】

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ドロップDチューニングは、4弦のチューニングを「D」にすることです。 今回は、ドロップDチューニングについて解説します! 前もって覚えておきたいことは、レギュラーチューニングができるようになることです!(でないと、ちんぷんかんになってしまうので) ベースのチューニングで覚えること3つ ドロップDチューニング ドロップDチューニングのやり方はシンプルです。ただ、チューナーの設定によって表示方法が違います。 表示方法は大きく2種類。 ポイント クロマチック・モード フラット・チューニング...

続きを読む
すぐにできる!毎日やっておきたい基礎練習3つ

すぐにできる!毎日やっておきたい基礎練習3つ

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 毎日続けておきたい基礎練があります。 それは、 リズムトレーニング運指トレーニングイヤートレーニング の3つです。 これら3つを行うことで、音楽の基礎を高めることができるからです。 そして、あなたの中にある基準値のレベルが上がることが最大のメリットです。では、これらのトレーニングで意識しておきたい内容を具体的に見ていきましょう。 リズムトレーニング 音楽の大切な要素の一つがリズム。ベースにおいて、特に重要な要素でもあります。 しっかりしたリズムを鍛えるには、...

続きを読む