スラップが鳴らない原因3つと対処法

スラップが鳴らない時の対処法

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

スラップの音に憧れてベースを始めた!

あなたもそんな一人ではないですか? (←僕はそうでした)

でも、いざスラップをやってみると上手く音が鳴らなくて諦めてしまったりしてませんか。

 

スラップの音が上手く鳴らない原因は、

 

  • 弦に当たっていなかったり
  • 自分で弦をミュートしてしまっていたり
  • 弦を叩くスピード(腕の回転)が遅かったり

 

と、多くは右手(叩く方)にあります。

 

今回は、音が鳴らない代表的な原因を3つ挙げて解説します。

記事を読むと、鳴らない原因が分かりスラップで音が出せるようになります。

 

力んでしまっている

とにかく力が入ってしまっていて、右手がぎこちない動きになっている。

拳を握り込みすぎてしまうと、力が入り過ぎてしまいます。

 

脱力し過ぎるのも良くありませんが、親指をいつでも同じ位置に保てるぐらいの力加減を意識します。

 

力んでしまっているのが拳(手)だけで無く、腕や肩、首にまで力が入っていないか確認してみて下さい。

この何処かに力が入りすぎると、動きが極端に鈍くなります。

 

鈍くなった動きを力任せに動かそうとすると、ますます力んで悪循環に陥ってしまいます。

 

手・腕・肩・首が脱力し過ぎず力み過ぎない。程良い力加減を見つけましょう。

 

右手のポジションが悪い

弦に対して右手のポジションがいい加減だと、弦に対して正確なヒットができません。

 

親指の位置だけに気を取られてしまうと、手の甲が弦に対して近いのか遠いのか・手首を変な角度で折り曲げていないかどうか意識しません。

 

どの辺りにあるのか注目してみて下さい。

 

  1. 元の位置
  2. 振りかぶった位置
  3. ヒットの位置
  4. ヒットの反動で元の位置(1番目)に戻る

 

この4つの動作を意識します。3番の動きで止まってしまうと弦をミュートしてしまいます。

3番と4番の動きを一連の動作としてセットにすると覚えやすいです。

 

右手のポジションは、1番の『元の位置』に戻すかどうかで音が鳴るのか鳴らないのかを左右します。

 

もう一つ、音を鳴らす要素として右腕の位置も大事です。

 

前腕の動きがどうなっているか

親指や右手の位置を確認することができたら、前腕の位置(手首から肘まで)が動いていないか見てみます。

 

弦に親指をヒットさせる時、前腕が一緒に動いてしまうと全てが台無しになってしまいます。

 

ここの意識が一番重要かもしれません。

 

基本的に前腕は、終始同じ位置にあります。

ヒットの際に、肘の開いている角度が狭くなると前腕の位置が動いています。

 

前腕を近づけて弦までの距離を縮めるのじゃ無く、腕の回転を使って距離を調節します。

 

手首じゃなく橈骨(とうこつ)を回転させる

右腕の位置は、橈骨と尺骨を回転させると安定します。

 

橈骨(とうこつ)とは

手のひらを上にした時に親指側にある骨を橈骨、小指側にある骨を尺骨といいます。

 

よく『ドアノブを回すように』『水を振り払うように』手首を回転させる。

っと言ったりしますが、

手首だけに意識が行くと前腕の位置が動いているのかどうか確認し辛くなります。

 

なので、

橈骨と尺骨の回転を意識することで前腕全体を確認することができます。

 

弦に対して親指のヒットが遠いなと感じたら、前腕を少し近づける。

反対に、近くて窮屈だと感じたら前腕を少し離してみる。

 

 

おさらいすると

順番に整理すると、

 

  1. 前腕の位置を決める
  2. 右手の位置を決める
  3. 力み過ぎない

 

の3つです。

 

3番の力み過ぎないことは、1番・2番の時にも意識します。

必要のない力みは、体を硬直させるので動きが鈍ります。

1番目の前腕の位置は、肘の角度や右手の位置に関係する大事な部分です。

 

鳴らない時は、前腕を意識してみましょう。

2番目の右手の位置は、弦に一番近くなる部分です。

 

ただ、1番の前腕の位置と回転動作に深く関わる部分なので前腕の位置を一緒に確認しながら調整しましょう。

 

おわりに

音を鳴らす為には、この他にも親指の角度や回転のスピードなどの要素はあります。

鳴らない場合は、トライアンドエラーで微調整を繰り返して音が鳴るポイントを見つけ出して下さい。

音が鳴らない原因に気付くキッカケになれば嬉しいです。

ではでは。

スポンサーリンク