音符と休符が解るとリズム感がアップする理由

音符と休符が解ればリズム感はアップする

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

リズムに悩んでいませんか?音符と休符は、リズムの概念と深く関わりのあるとても大事な部分です。

リズムがよく解らない・解らなくなるのは、音符と休符の意味が曖昧なままだから。これがクリアになれば、リズムへの理解が深まります。

 

単純音符と付点音符

音符とは、『音の長さ』を表す記号です。これには色んな形があります。

白い玉だけのもの、黒い玉に棒が1本ついたもの、棒に旗がついたもの、玉の横に付点がついたものなど、これらの音符の形を見ることで音の長さを知ることができます。

 

単純音符

音符の長さの基準となるのが、黒い符頭(たま)の音符に符尾(ぼう)がついた「4分音符」です。この4分音符を「1」として、その2倍の長さが「2分音符」、4倍が「全音符」と、なります。

反対に、4分音符を2分の1すると「8分音符」、4分の1が「16分音符」と、なります。

 

付点音符

さらに、音符の符頭の横に小さな点が 書かれていることがあります。この点のことを「付点」といい、付点のついた音符を「付点音符」といいます。

付点音符は、元の音符の1.5倍の長さになります。4分音符を「1」とすると、「付点2分音符」はその3倍、「付点4分音符」は1.5倍、「付点8分音符」は4分の3の長さになります。

 

表と音源を用意しました。4分音符のカウント4つが鳴ってから、ベースの音が入っています。全音符〜2分音符〜4分音符〜8分音符〜16分音符の順番です。

 

単純音符の長さと名前

note

付点音符の長さと名前

dotted-note

 

 

 

単純休符と付点休符

休符とは、音の「休みの長さ」を表す記号です。休符にも音符と同じように、色んな形があります。

 

単純休符

それぞれの形で「休みの長さ」が違ってきます。4分休符を「1」とすると、その2倍で「2分休符」、4倍が「全音符」と、なります。

反対に、4分休符を2分の1すると「8分休符」、4分の1が「16分休符」と、なります。

 

付点休符

さらに、休符にも音符と同じように「付点」がつくときがあります。付点のついた音符を「付点休符」といいます。

 

付点休符は、元の休符の1.5倍の長さになります。4分休符を「1」とすると、「付点2分休符」はその3倍、「付点4分休符」は1.5倍、「付点8分休符」は4分の3の長さを休むことになります。

単純休符の長さと名前

rest

付点休符の長さと名前

dotted-rest

 

連符とは

音の長さを示す音符には、「連符」と呼ばれるものもあります。連符とは、もとの音符の長さをいくつかに分割したものです。

 

分割した数によって「3連符」(3分割したもの)、「5連符」(5分割したもの)、「6連符」(6分割したもの)といった名前がついています。

 

おわりに

うな音符と休符の長さは表裏一体のようなもので、これらの組み合わせがリズムを生み出す要素の一部となります。

音楽が始まると、音符と休符以外に(何か特別な指示がない限り)スキマは存在しません。

 

「音符をどのタイミングで出し、どのタイミングで休むか」といったことが、長さを憶えることで分かるようになります。

冒頭でも言いましたが、リズムが解らなくなったら音符と休符の意味を知ることで、より理解が深まります。

 

あとは、楽器で表現できるように練習することが大事です。

ではでは。

 

スポンサーリンク