スウィングのベースラインを作る方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

ジャズは好きだけど、演奏するには難しくて敬遠している。

もしくは、一度どんなものかチャレンジしてみたいといった方へ、スウィングのベースラインを作る時の考えを書いてみます。

 

事前に知っておきたい事は、以下の3つです。

 

 

こちらの記事でも詳しく解説しています。

[kanren id=”1216,3576″]

 

 

上の3つのことが分かる・大丈夫であれば、この記事を読み進めて次のステップへチャレンジしてみて下さい。

最後まで読むと、コードトーンを使ったベースラインの作り方が分かるようになります。

 

基本のリズムについて

スウィングにおける基本のリズムは、1小節に4分音符を4つずつ弾きます。

初心者の場合は、(テンポにも左右されますが)いきなり4分音符で弾くのは大変かもしれません。

なので、ハーフタイムフィールで弾くことをオススメします。1小節に2分音符を2つ弾くリズムです。

[yoko2 responsive]

[cell]

ハーフタイムフィールのドラム

[/cell]

[cell]

スウィングのドラム

[/cell] [/yoko2]

 

基本的なドラムはこんなカンジです。

ルートを弾く

はじめは、2分音符でコード進行に沿ってルートだけ弾いてみます。

5フレットまでのポジションで、自在にルートが弾けるように練習します。

オクターブ上のルートも弾けるのであれば弾いてみましょう。

 

慣れてきたら、6フレット以降のポジションでも弾けるように練習します。

2分音符のリズムに慣れたら、4分音符のリズムでもやってみましょう。

 

 

5thのアプローチを加える

できるようになったら、5thの音程を加えます。

慣れるために、最初は2分音符のリズムで弾いていきます。

1拍目にルート、3拍目に5thといった具合で弾きます。

2拍ずつコードが変わる小節が出てきたら、今はルートだけで大丈夫です。

 

慣れてきたら、4分音符のリズムでも練習します。

1・2拍目にルートを弾き、3・4拍目に5thを弾くアプローチをやってみます。

これも、5フレットまでのポジションで練習してから、6フレット以降の練習をしてみましょう。

 

 

ここで少し難易度が上がったと感じたら、2分音符の練習に戻ります。

ルートを弾いたら、すぐに5thの位置を予測する練習をします。

イメージ的には、1拍目のルートを弾いた瞬間に5thの位置を把握している状態です。

 

[memo title=”MEMO”]「あれ?どこだったっけ??」っと思っている間は、憶えきれていない証拠です。自分の心に正直になって判断して下さい。この感覚を鍛えられるのは、あなた自身です。同じ練習のようでも、さっきとは違う意識を持って違う練習をしましょう。[/memo]

半音階のアプローチを加える

5thのアプローチと4分音符のリズムに、半音階のアプローチを加えます。

1・2拍目にルートを弾き、3拍目に5thを弾きます。

次が大事です。4拍目に、次の小節の1拍目(ルート)に向かって半音上、もしくは半音下からアプローチします。

 

このアプローチは、コード進行が4度進行の時に一番効果を発揮します。

すると、5thから綺麗に半音階で繋ぐ事ができます。

これができるようになると、スウィングのベースラインらしい音程の動きになります。

おわりに

今回のアプローチは、ベースラインを作る上で考えうる最も基本的な方法です。

なので、このアプローチができればスウィングに限らずどんなジャンルのベースラインにも応用が効かせられます。

 

言わば王道のアプローチです。

できるようになってくると、耳が雰囲気を憶えて(飽きて)くるので他のアプローチにもチャレンジしたくなってきます。

入り口としても始めやすいので、このアプローチから始めてみてください。

ではでは。

Related Articles

Related

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

【イラスト解説付き】コードのメジャーとマイナーを決定する音

コードの明るさと暗さを決定する音程があります。   それは、3度の音程です。 ルート(基準の音)から、長3度の音程をメジャーサード(Major3rd)といい、短3度の音程をマイナーサード(minor3rd)といいます。 一般的にメジャーが明るく、マイナーが暗く響くと例えられています。   今回は、ベースで3rdの音程をどのように扱っていくのか解説します。   メジャーサード(Major3rd)のポジション メジャーサード(Major3rd)を指板上、フレットの位置で見てみるとルートから右に4つ離れた位置にあります。  ...

続きを読む
ダイアトニックコードを簡単に導き出す方法

ダイアトニックコードを簡単に導き出す方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   ダイアトニックコードを全部覚えるのって大変ですよね。 実は、ダイアトニックコードを簡単に導き出す方法があります。 それは、ディグリーネーム(度数表記)で覚えることです。   今回は、ディグリーネームの内容と応用の仕方について解説していきます。   ダイアトニックコードをディグリーネームで覚えると、曲のコード進行が素早く覚えられるようになります。 また、移調も容易にできるようになりとても便利です。     ディグリーネームとは...

続きを読む
ベースの役割がわかる!コードの仕組みについて

ベースの役割がわかる!コードの仕組みについて

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   コードは、バンドやアンサンブルにおいて主にギタリストやピアニストが弾いています。ベーシストは、コードのルートを支えるといった非常に大事な役割を担っています。 今回は、コードができ上がる仕組みについて解説します!これが分かることで、楽曲にどんなコードが使われているのか判断しやすくなり耳コピも捗るようになります。 コードの仕組みについて コードとは、基準の音からある規則性によって出来上がる音の集まりと言えます。...

続きを読む