グルーヴについて

グルーヴについて

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

リズムとは

音の強弱などの、周期的な繰り返しによって表される秩序。律動。韻律。調子。節奏。

とあります。

 

まぁ、分かりやすいようで分かりにくい説明ですよね。

単にリズムと言っても色んな言葉があり、タイム・リズム・グルーヴなど細分化されます。

そして、リズムについての言葉の定義は人によってまちまちです。

 

なぜこんなことになっているのか考えてみると

言葉の意味が抽象的過ぎる場合がある。反対に、意味がしっかりとしている場合でも実戦で試みる場合の善し悪しが、最終的に人の感覚部分でしか判断がつけられないからです。

 

言葉の定義が曖昧だと人と建設的な話し合いができません。

なので

 

『自分ではこう捉えている』

 

といった定義を持つことで、相手との違いがハッキリとし議論もできるようになります。

また、自分に何が必要なのかも見えてくるのではないでしょうか。

 

 

リズムについての考察

 

タイム感

タイム感とは、周期性を感じる又は感じさせるビートをメトロノームや機械に頼ることなく正確なリズムをキープする感覚。

精度が上がる(体内メトロノームを持つ)事で、小節の長さ・ビートパルス(テンポ)を一定に保ち、演奏時におけるタイミングが良くなり安定したリズムを生み出すことができる。

追記 → 時間の長さ・流れを一定の間隔で感じる感覚。リズムやビートをある一定の周期性でキープできる能力。

 

リズム感

リズム感とは、音符と休符のタイミングと長さ(譜割り)を理解し、アーティキュレーションやダイナミクスなどを付けながらリズム(音符と休符)をコントロールする感覚。それを体系化したリズムパターンが、スウィングやファンクなどといったリズムフィール(ジャンル)として扱われる。

 

グルーヴ感

グルーヴ感とは、周期性のあるリズム。また、周期性によって生まれる高揚感。タイム感・リズム感・など複数の要因が合わさった時に生まれるリズムのうねりや揺らぎ。

リズムだけの側面からグルーヴを考えた場合、演奏を合わせようと意識せず結果合った時に感じる心地良さ。

 

 

ビート

ビートとは、拍・拍子のこと。そして、リズムの軸。

は、一定の間隔(長さ)で打ち出されるリズム。拍が一定のまとまりを持つと拍子になる。リズムの土台となるサイクル(小節)とテンポが生まれる。クリックやドラマーに頼らず、自分で生み出すリズムの軸(基準)となるもの

 

パルス

パルスとは、メトロノームのような一定の間隔で規則正しく流れる無機質な刻みのこと。音として認識できる場合もあれば鳴っていないこともある。

ビートも一種のパルスと捉えられるが、ビートより細かいリズムをパルスとすると分かり良いかも。例えば、4分音符をビートとすれば、4分音符よりも細かい全てのリズムをパルスとして考える。

但し、細かいリズムは自分が認識できる範囲でないとあまり意味がない。

 

テンポ

ビートの速度を決めるための基準。

 

ノリ

ノリ。タテノリとかヨコノリだとか日本独特の言葉のように思えます。リズム感の一種として捉えると良いのでは。

 

 

タイム感があり、リズム感が作られグルーヴ感があるリズムが生まれる。どれが欠けてもグルーヴはしないと思っています。

あくまでも個人的見解ですが、僕は上記のように解釈しています。

 

 

ヴィクター・ウッテンが、グルーヴについて10のコンセプトを実演を交えながら提唱しているDVD

ベーシストだけでなく他の楽器プレイヤーにも「なるほど!」と思わせてくれることも言っています。

 

 

おわりに

グルーヴは、人によって解釈は色々あって良いと思います。多角的な解釈があり、自分が納得しながら良い音楽ができれば良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク