リズム用語集

リズム用語集

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

リズムって何?って質問されたら、どんな風に答えますか?

音楽にとって、リズムは切っても切れない関係です。

「リズムって言うのはこんな感じ」っと言いながら手を叩いたりして表現することはできます。

ですが、言葉で説明しようとするとなかなか難しい。。

そんな時に、やっぱり用語の意味が大切だと思い、リズムについての用語や意味をまとめてみました。

 

リズムとは

音(音符・休符)の長さを、ある一定のまとまりで括ったもの。ビートを定義することで音符・休符の種類が決定される。

音符や休符の組み合わせることで、様々なリズムを作り出す事ができる。リズムは、更新(変化)していくもの。

 

音符とは

音符とは、音の長さと音の高さを定義したもの。

音の長さのことを音価と定義される。音の高さのことを音高と定義される。

 

休符とは

休符とは、音の長さをどれだけ休むのかを定義したもの。

休み = 何もない。ではなく、「休みという長さ」の存在を理解することが大切。

 

ビートとは

リズムの基準となるもの。一定の時間を基本単位として繰り返されるもの。ビートの単位は、音符の種類で表される。日本語で拍と呼ばれる。

 

ダウンビート

ビートを上下運動に例えた時、上から下に向かう動作を指す。(リラックス)

 

アップビート

ビートを上下運動に例えた時、下から上に向かう動作を指す。(テンション)

ダウンビートへ向かう予備動作。

 

パルスとは

ビートやリズムを生み出す時の目安になるもの。一定で無機質な刻み。

 

テンポとは

ビートの速度を定めたもの。ビートの速度は、1分間にビートが何回打たれるのかで定められる。BPM(Beat Per Minutes)で表される。

 

タイムとは

ビートの周期性を決めるもの。よって、小節が定義される。

日本語で拍子と呼ばれる。

 

小節

拍と拍子(ビートとタイム)を一つのまとまりとしたもの。区切り。

 

小節感覚

小節をある一定のまとまりとしたもの。区切り。

 

タイム感とは

リズムを作り出す為の基準を自分自身が持っているかどうか。
ビートやリズム・パルスを一定に感じる能力。
小節感覚を持っているかどうか。

 

リズム感とは

音符と休符を自由自在に組み合わせることで作られるリズムのこと。ビートの上に成り立つリズムのこと。

 

グルーヴとは

ひと言で表すなら、音楽の「雰囲気」のこと。

抽象的に扱われるため、人によって定義が曖昧。

音楽が作られる時に必要な要素をまとめたものの総称。

ヴィクター・ウッテンは、グルーヴを10のコンセプトに分けて実演・解説している。

 

 

 

リズムに関係する参考書

 

リズムに強くなるための全ノウハウ

市川 宇一郎さんの著書。

日本固有のリズムから、西洋のリズムを身につけるにはどうしたら良いかなど、分かりやすい言葉で書かれています。

ページ数も多くなく、サッと読めるのでオススメです。続編もあります。

こちらは、リズムについて前回よりも深く掘り下げた内容です。

 

日本人のためのリズム感トレーニング理論 

友寄 隆哉さんの著書。

約450ページにも及ぶ本です。本の内容ですが、リズムについて音楽だけではなく色んな角度から書かれています。リズムのトレーニングをする前に、「リズムとは何か」を知りたい方には良い本でしょう。

 

アフリカ音楽の正体

塚田 健一さんの著書。 

アフリカでは、西洋音楽でいう「強拍」=「下拍」、「弱拍」=「上拍」という関係が・・・といったアフリカ伝統音楽の構造を解き明かす内容が書かれています。アフリカ・リズム、アフリカ・ハーモニーがどんなものなのか知ってみたい方にオススメです。

 

黒人リズム感の秘密

七類 誠一郎さんの著書。

身体(体幹)で、どのようにリズムを捉えたら良いのかが書かれている本です。タイム感などのキープ力を高めたい方にオススメです。

 

ベーシストのリズム感向上メカニズム

石村 順さんの著書。

ベーシストがベーシストの為に書いたリズムトレーニング本です。ポリリズムの捉え方やリズムのウラで乗る方法が、丁寧に解説されています。リズムを安定させたい、一歩前に抜け出したい方にオススメです。

 

ヴィクター・ウッテン:グルーヴ・ワークショップ

グルーヴについて、10のコンセプトを掲げヴィクター・ウッテンが実演を交えて解説しています。リズムについて掘り下げたい方やアンサンブルに悩んでいる方にオススメします。

 

R&B/ファンクスタイル(CD2枚付)

R&B/ファンクスタイルのフレーズ集です。R&B/ファンクスタイルが、どういったリズムで弾かれているのか知りたい方や研究したい方ににオススメの一冊。

 

歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング

長野 祐亮さんの著書。

音楽を聞いても、拍子やリズムが分からない。そんな方が無理なく取り組めるトレーニング本です。続けることで確実にリズム感が身につきます。リズム感を手に入れたい方にオススメの本です。

スポンサーリンク