ベースが上手くなるってどういう事?プロとアマチュアの違い

ベースが上手くなるってどういう事?プロとアマチュアの違い

スポンサーリンク

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。

 

上手くなりたいのに、なかなか上達しない。でも、やっぱり上達したい!!!

こんな思いを抱いているあなた。ベースが上手くなりたいですよね?
僕もそう思っていましたし、今でも思っています。

 

そんな時に、ふと疑問がわきました。

 

『そもそも、上手くなるって一体どういうか?』

 

曲が弾ける。もの凄いテクニックを習得する。どんなジャンルにも対応できる。

モテたい!!!ストレス発散したい!!!プロになりたい!!!

 

など、人によって色んな理由や想いがあります。

 

じゃあ、これらの想いを満たすために「上手くなりたい」のは、どうしてでしょう?

 

僕の結論はこうです。それは、

 

表現したいから

 

です。

 

表現すること

何を表現したいのかと言えば、その時々に感じている関心事や伝えたい事・届けたい事などの想いです。

 

曲をコピーすることも、誰かとアンサンブルすることも、一人で黙々と弾くことも、ライブすることも、み〜んなそれぞれ「自分の中にある気持ち」ですよね。

 

 

それを、音楽というカタチで表現したい。

 

そう考えると、これはベースや音楽・芸術だけに限ったことではありません。

 

今、世に中にあるモノには、必ず誰かの想いがあって具現化しています。

それって、想いを表現した結果だと思うんです。

想いを表現していくことでカタチになって行く。カタチになるからこそ、見つけやすくなる。

 

そうして発展して行くと思ってます。

 

上手くなる意味

ベースが上手くなるってことは、表現するための手段です。表現方法を知っていく・高めて行くための手段を習得するってことです。

 

それが上手くなる意味。

 

想いはあるのに表現できないことほど、フラストレーションが溜まることはありません。

 

だから、方法を知るために知識を得る。表現ができる様に練習する。

そのためにテクニックを磨いたりして行くものだと。そうやって上手くなって行くんだと思います。

 

ただ、この表現方法を手に入れるためには度々壁にブチ当たります。

 

すんなりとクリアできないからです。

 

それ自体に、プロもアマチュアも関係ありません。

 

プロとアマチュアの違い

プロになる訳じゃないからやらない。趣味だからできなくても良い。

もし、その様な考えを持っているとしたら、少し考えてもらいたいんです。

 

もちろんベースをどの様に楽しむのかは、個人の自由です。

 

ただ、自分が表現したい想いがあるのに「できないからやらない」は、自分の想いに嘘を付いていることになりますよね。

 

できない理由を「プロになる訳じゃないから」だとしたら、もったいないと思いませんか?

 

だから、自分が表現したいと思ったらチャレンジしてほしいです。

 

「プロになる訳じゃないから」でも「表現したい」って想いがあれば、ゆっくりでも良いので身に付けるために続けてほしいと思います。

 

それこそ、「自分自身で楽しむために」です。

 

いや、「私はプロになるっ!」と想いがあるのなら、どんどん探求して高みを目指したら良いと思います。

 

上手いからプロでも、プロだから上手いでもない。

プロは、プロとして必要だと思うから上手くなるんです。

そして、その評価がお金となり生活の糧になれば、あなたは立派なプロです。

 

おわりに

上手くなるってことは、想いを表現すること。

それ自体にプロもアマも関係ありません。特に今の時代、プロよりも楽器が上手い人なんて幾らでもいます。

できないことを言い訳にせず、自分の心が「本当はどう思っているのか」感じてみてください。

 

音楽で表現したいから上手くなる。

 

これが僕の考えです。

 

今、正に読んでくれているあなたに「この想い」が届いたら嬉しいです。

ではでは。

スポンサーリンク