改めてリズム感を鍛えたくなったら試したい練習法

改めてリズム感を鍛えたくなったら試したい練習法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースを練習していてリズムが分からなくなる経験したことありませんか? つまずくポイントがある苦手意識があるなんとなく弾いてごまかしている どんなに優れたテクニックを持っていたとしても、リズムが分からなければ宝の持ち腐れになってしまいます。 もちろん、格好良く弾くためにはテクニックも大事な要素です。 ただ、テクニックを磨くためにもリズムという要素はどこまでも付いて回ります。 だからこそ、リズムをしっかりと理解しておきたいですよね。...

続きを読む
リズムやテンポの精度を良くする方法

リズムやテンポの精度を良くする方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 正確なリズムを演奏することって、なかなか難易度が高いですよね。 リズムに安定感がないと、どうしても格好悪い演奏に聞こえてしまいます。 なので、 格好良いフレーズは知っているのに格好良くならないバンドアンサンブルが上手くいかない周りを良く聞いて合わせてと言われる など、こういった原因に直結します。 だから、リズムを安定させたい・もっと正確にしたい! こんな悩みを持っているあなたへ今回は、正確なリズムやテンポで演奏できる方法を解説していきます。 結論を言うと、パルスを見つけ出すこと!...

続きを読む
【全パート共通】ドラムをやってもリズム感が良くならない本当の理由

【全パート共通】ドラムをやってもリズム感が良くならない本当の理由

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズム感を少しでも良くしようと思って頑張っているあなた。 そんな時に、周りからのアドバイスで 「ドラムやるとリズム感が良くなる」 と、言われたことありませんか? 実はこれって、半分は本当で半分はウソなんです! よく考えてみて下さい。 ドラムをやっている方は全員リズム感良いですか? 確かにドラムをやってから良くなる方もいます。ですが、ドラムをやっていてもリズム感が良くならない方が大勢いてるのも事実です。 単純に、ドラムをやるからリズム感が良くなる訳ではありません。...

続きを読む
リズム感を良くするためにできるシンプルな練習法

リズム感を良くするためにできるシンプルな練習法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 あなたは、自分のリズム感の無さに嘆きながらもこんな思いをしていませんか? とにかく改善したい!今より良くなりたいっ!!でも、何をどうしたら良いか解らない・・・ そんなあなたへ、シンプルにリズム感を鍛える良い方法があります。それは、 ビートを感じること。 何をいまさらと思ったあなた。 本当にビートを感じていますか?曲の最初から終わりまでしっかりとビートを感じていますか?...

続きを読む
リズムが良いってどう言うこと?

リズムが良いってどう言うこと?

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 あなたが思う『リズムが良い』は、どんなリズムですか? リズムが良い/良いリズムって言われると、主観的要素が大きいですよね。 人によって『良い』って思う要素は違ってくると思います。 そこでっ!!! 僕が思うリズムが良いって思う要素を大きく3つに分けてみました。 僕が思うリズムが良いと思う要素は 正確だから合わせやすいから心地良いから この3つです。 リズムが良いって思えるポイントを上記3つの視点から考えてみました。 正確だから...

続きを読む
リズム感を良くするために知っておきたいメトロノームの使い方

リズム感を良くするために知っておきたいメトロノームの使い方

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズム感を鍛えるために欠かせないツールが、メトロノーム。 リズム感を鍛えたいと思ったら、是非メトロノームを使用して下さい。 ただし、きちんと理解しないでメトロノームを使うとあなたのリズム感を損なう恐れがあります。 今回は、リズム感を良くする為のメトロノームのきちんとした使い方を解説します。 記事の内容をしっかり実践することで、あなたのリズム感がアップすること間違いなしです。 メトロノームの使い方 メトロノームの使い方で必要なのは、主に3つ。...

続きを読む
リズムを良くするために気付いておきたいポイント

リズムを良くするために気付いておきたいポイント

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズム感がない。リズムが悪い。リズムが分からない。 こんな悩みありませんか? リズムは、歌や楽器演奏において上手い下手を感じさせる重要な要素です。 だからこそ、リズムは鍛えたら鍛えただけ良くなるし楽器の上達にも繋がります。 リズムを良くするために、気付いておきたいポイントをまとめてみました。 自分を知ることから始まる リズム感がないと自覚しているのであれば、あなたは確実にリズム感が良くなります。 なぜなら、自分でリズム感がないと気付いているからです。...

続きを読む
ベースの演奏が確実に良くなる方法

ベースの演奏が確実に良くなる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 演奏が走ってしまっていませんか? 反対に遅れてしまっていませんか? その原因、休符の演奏に問題があります。 そうは言っても、なかなか休符を待てなかったり演奏するのって難しかったりしますよね。 そんなあなたへ、今回は休符をしっかりと演奏できるようになる方法を紹介します。 この記事を読み終える頃には休符の考え方がガラッと変わり、あなたの演奏も格好良くなりますよ! 休符の存在を確認する まずは、こちらをご覧ください。 8分休符が中心になっています。...

続きを読む
誰でもできるリズムキープの練習方法

誰でもできるリズムキープの練習方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 周りのメンバーからリズムが走ってる・モタッていると言われたことありませんか? 自覚はないけど一緒に演奏する人から言われて初めて気が付いた演奏中は感じなかったけど録音を聞いて気が付いたなどお客さんに言われた・・・ など。 今回は、どうすればリズムキープができるのか解説します。 最後まで読んでもらえたら、あなたがリズムキープできない原因も分かりますよ! 周りを聞くことから始まる リズムキープできていない時は、大抵『周りの音』が聞けていません。...

続きを読む
音楽リズム用語集

音楽リズム用語集

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズムのことを調べていたら、いろんな言葉が出てきます。 リズム感をしっかりと身に付けようとしたとき「言葉」で迷ったことないですか? 同じ言葉を使っていても解釈が違ってしまい、感覚を共有できないことがあります。 例を挙げると「グルーヴ」 この言葉の解釈は、人それぞれあるように感じます。 その答えは、突き詰めていくと恐らくどれも正解なのでしょう。 感覚の部分を言葉で説明しようとするとなかなか難しいです。何より時間が掛かります。...

続きを読む
リズム感を良くするメトロノームと上手な付き合い方

リズム感を良くするメトロノームと上手な付き合い方

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 メトロノームを使って練習していますか? リズム感を良くするためには、積極的にメトロノームを活用しましょう! 何故なら、リズムの理解には段階があるからです。 ステップをしっかり踏んでクリアしていくことで、本当に良いリズム感は養われます。 今回は、リズム感を良くするために活用したいメトロノームの使用方法ついて解説していきます! メトロノームを使う必要性 いわゆるカウントです。曲を聴いていてどんなカウントを数えれば良いのか分からない場合、ビートの感覚がない事が主な原因です。 [kanren...

続きを読む
リズムの苦手を克服するための方法論

リズムの苦手を克服するための方法論

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズムが苦手と感じている。 コンプレックスがあるせいで、リズムに対して触れられたくなかったり指摘されることに嫌気を感じていませんか? それがキッカケになってしまって、気付いたら音楽から離れてしまったなんてことも。 克服するには、自分と向き合わなければいけません。 今のあなたがリズムをどう捉えているのか認識していき、一つずつクリアしてみませんか? 方法はとてもシンプルです。クリックを使った方法で、リズムの感覚を養いましょう。 はじめに...

続きを読む
リズムを鍛える時に意識しておきたいこと

リズムを鍛える時に意識しておきたいこと

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズムで悩んでいませんか? リズムのタイミングがよく分からない弾くことに夢中になるとズレる合わそうとするとズレる。リズムのキープができないバンドメンバーや周りからリズムが悪いと言われる 人によって色んな理由があります。 これは、ある2つのことを意識すると解消されていきます。 それは、 楽器をコントロールする事とビートの捉え方をしっかりイメージする事です。 これだけで、リズム感が良くなりますよ。 自分の基準を作ること...

続きを読む
リズム感とタイム感ってどういうものなのか

リズム感とタイム感ってどういうものなのか

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 リズムって、シンプルでいて奥が深いですよね。手を叩いたり机を叩いたりするだけでもリズムを出すことができます。 音楽にとってリズムは土台です。リズムがしっかりとしていれば、メロディやハーモニーの表現が生き生きとします。 反対に、リズムがグダグダだと音楽は聴いていられなくなります。 リズム感の良い人が手を叩くのと、リズム感がない人が手を叩いた時に雰囲気が全然違うのは、何が原因でしょうか。 単純にリズムが良い・悪いだけで話を済ますのではなく、どういった所が具体的に違うのか・・・...

続きを読む
休符を演奏する!ベースの演奏が格好良くなる方法

休符を演奏する!ベースの演奏が格好良くなる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 演奏している時、弾くことばかりに気が向いていませんか? 弾くということを入り口とするなら、必ず出口が存在します。 入口のタイミングばかりでなく出口のタイミングを意識しながら弾いてみると、演奏もグッと良くなります。 そのためには、音符(休符)の長さをしっかりコントロールすることが必須になってきます。 音符の長さ(音価)に関して、気付いて置きたいポイントを書いてみました。 音符の長さとタイミング 音符の長さはリズムにとても影響します。何故なら、リズムは音符の長さで決まるからです。...

続きを読む
リズム練習が楽しくなる4つの方法

リズム練習が楽しくなる4つの方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   リズム感を鍛える時、よく分からなかったりできなくて諦めてしまった事ありませんか? リズムを鍛えるのに必要なことは、集中すること! って言っても、一体何に集中すればいいのか。   それは、自分が何ができない・できていないのかを知るために集中することです。 難しい、できないと思っている間は大概、「何ができていないのか」まで意識できていません。 今回は、そこから一歩を踏み出すために意識したいポイントを解説します。 できている範囲はどこかを知る 客観視する...

続きを読む
心地良い演奏がでるようになる方法

心地良い演奏がでるようになる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   このページをご覧になっているあなたは、 心地良いと感じる演奏を常にしたいと思っているはず。 しかも、自他共に認められる心地良さを。   僕は常々こう思っていました。 『どうすれば、心地良く感じる演奏ができるんだろうか』 そんな時、周りにいてる素敵ミュージシャンを観察していたらあることに気がついたんです。   それは、リズム感の良さでした。...

続きを読む
弾くタイミングを見えるようにする方法

弾くタイミングを見えるようにする方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。   タイム感とは、ビートやリズムをキープするために必要な感覚です。 音符の長さを意識することは、タイムを意識することでもあります。 その際、一番大事になってくるものがビートです。   演奏するときは、どれがタイムなのか実際に目で見ることができません。   そこでっ! 今回は、タイムがどういったモノなのかイメージしやすいように『タイムを見える化』して解説していきます!  ...

続きを読む