【動画で解説】ベースの半音下げチューニングが簡単にできる方法

【動画で解説】ベースの半音下げチューニングが簡単にできる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 今回は、ベースの半音下げチューニングについて2種類の方法を解説します。 一つ目は、クロマチック・モード二つ目は、フラット・チューニング 動画も用意しましたので、合せてご覧ください。 最初に、レギュラーチューニングについて事前に覚えておくことをオススメします! 半音下げチューニング(クロマチック・モード) レギュラーチューニングから半音下げる方法 4弦から順番に、 4弦E →→→ D# (E♭)3弦A →→→ G# (A♭)2弦D →→→ C# (D♭)1弦G →→→ F# (G♭)...

続きを読む
30秒でできる!ドロップDチューニングの方法【動画あり】

30秒でできる!ドロップDチューニングの方法【動画あり】

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ドロップDチューニングは、4弦のチューニングを「D」にすることです。 今回は、ドロップDチューニングについて解説します! 前もって覚えておきたいことは、レギュラーチューニングができるようになることです!(でないと、ちんぷんかんになってしまうので) ベースのチューニングで覚えること3つ ドロップDチューニング ドロップDチューニングのやり方はシンプルです。ただ、チューナーの設定によって表示方法が違います。 表示方法は大きく2種類。 ポイント クロマチック・モード フラット・チューニング...

続きを読む
すぐにできる!毎日やっておきたい基礎練習3つ

すぐにできる!毎日やっておきたい基礎練習3つ

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 毎日続けておきたい基礎練があります。 それは、 リズムトレーニング運指トレーニングイヤートレーニング の3つです。 これら3つを行うことで、音楽の基礎を高めることができるからです。 そして、あなたの中にある基準値のレベルが上がることが最大のメリットです。では、これらのトレーニングで意識しておきたい内容を具体的に見ていきましょう。 リズムトレーニング 音楽の大切な要素の一つがリズム。ベースにおいて、特に重要な要素でもあります。 しっかりしたリズムを鍛えるには、...

続きを読む
ベースのオクターブが押さえやすくなる方法

ベースのオクターブが押さえやすくなる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 オクターブを制する者はベースを制す! 少し言い過ぎかもしれませんが、ステップアップするためにオクターブは必須の奏法です。 オクターブ奏法で苦労しているのは、何もあなただけではありません。 ほとんどのベーシストが、悩み・苦労するポイントです。 ですが、確実に楽になる方法はあります! 結論から言うと、 力を入れすぎないで練習することです。 オクターブ奏法が辛いのは、こんな思いをしたからではありませんか?...

続きを読む
フィンガリングとポジションがスムーズになる方法

フィンガリングとポジションがスムーズになる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ポジションの取り方で苦労していませんか? フィンガリングで迷ったりしていませんか? これらの悩みってなかなか尽きませんよね。 どの指でどのフレットを押さえれば良いのか。また、どのタイミングでポジション移動すれば良いのか迷う時があります。 僕も今までたくさん悩んできました。 悩んだ挙句、最後は押さえやすい指だけで押弦しているぎこちない指使いになっているその結果、フィンガリングにスムーズさが無くなって無理をしている こんな悩みを持っていました。...

続きを読む
上手くなるために知っておきたいリラックスする方法

上手くなるために知っておきたいリラックスする方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースを弾いていて、疲れやすい・何度やっても上手くいかない・上達しない・・・ こんな思いをして練習がイヤになった事ありませんか? その原因、身体のどこかが緊張しているからかもしれません。 そんなこと言っても、 どこでどう緊張しているのか自分では分からなかったりしますよね。 でも、大丈夫です! これから紹介する事を意識して演奏・練習すれば、身体の緊張に気がつけるようになります。 そうすると、身体の緊張はリラックスできる部分に切り替わります。 しかも、リラックスできることで...

続きを読む
耳コピのための相対音感を身につける方法

耳コピのための相対音感を身につける方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 「耳コピがしたい!」と思っているあなた。 けど、音感がないからって諦めていませんか? 音感は、いくつからでも鍛えることができます。 その鍛えられる音感こそが『相対音感』です。 しかし、正直なところ相対音感がどういった感覚なのか自覚しにくいことないですか?だから、耳コピに上手く活かせない。 そんなもどかしい気持ち、良くわかります。 今回の記事で、どのようにして相対音感の感覚に気付いたのか。 また、どうやって鍛えていったのかを解説します。 相対音感は自分の記憶と比べる行為...

続きを読む
初心者がはじめに知っておきたい上達するステップ6つ

初心者がはじめに知っておきたい上達するステップ6つ

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースをこれから始める! でも、何から始めたら良いのかわからない。 そんなあなたへ、 確実に上達する必要なステップを6つに分けて解説しています。 これを読めば、何に取り組めば良いのか迷うことが無くなります。 最短距離で上達したいなら、最後まで読んでみて下さい。 ベースの構え方 全てはここから始まります。構え方が解らなければ、弾く事もままなりません。 弾きやすい姿勢をとる事で、この後に述べるチューニングや演奏ができるようになります。 [kanren id="175"]...

続きを読む
間違えるとキケン!脱力とリラックスは違う

間違えるとキケン!脱力とリラックスは違う

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 演奏を良くするためには、『脱力する事』とよく耳にします。ベースを教える仕事をやり始めた頃、僕も言っていました。 力を込め過ぎているなと感じるとつい、『脱力させて』と言ってしまっていた記憶があります。 だからと言って、脱力という言葉に惑わされてはいけません。 ポイントは、リラックスさせることです。 今回は、脱力とリラックスの違いを知ることで得られるメリットを解説します。 脱力はよくない!? 力の入れ過ぎだから脱力する。そう言われて力を抜いても上手く音が鳴らない。...

続きを読む
基礎練習が楽しくなる方法

基礎練習が楽しくなる方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 基礎練って、大事だとは思うけど楽しくないですよね。 曲を弾いている方がずっと楽しい。 でも、基礎練って大事だしなぁ。 でも、できればやりたくないなぁ。 それでも、上手くなりたいなぁ。 なんて甘い幻想を、あなたも抱いていませんか? もし、基礎練が続かない理由が 単調だからつまらない成長を感じられない面白くない楽しくない と思っているのなら、是非最後まで読んで下さい。 今回は、基礎練が楽しくなってやりたくなってくる理由を解説しています。 練習する理由をハッキリさせる...

続きを読む
ベースラインを作りたい!でも、どうしたら良いか困った時の解決方法

ベースラインを作りたい!でも、どうしたら良いか困った時の解決方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースラインを作る時に迷ったりしていませんか? もう少し変化を加えたいのに、どうしたら良いのか分からない。 ただ、ルートを弾くだけになってしまっている。 ベースラインが、楽曲に与える影響は多大です。 どうすれば、ベースラインが変化し楽曲全体がより良くなるのか知る必要があります。 今回は、ベースが楽曲にどんな影響を与えるのか解説します。 この方法が分かると、あなたのベースもちょっとした変化で格好良くなるコト間違いなしです! 音の長さを変える...

続きを読む
ベース初心者でもすぐに曲が弾ける方法

ベース初心者でもすぐに曲が弾ける方法

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 弾きたい曲があるのに難しくてムリ! ここの運指が出来なくて弾けない。 楽譜(音符・タブ譜)が苦手・・・ こんな思いを一度は経験したことありませんか? それでも曲が弾きたい!弾けるようになりたいっ!!今、弾きたいっ!!! そんなあなたにオススメしたい方法があります。 特に、 楽譜(音符・タブ譜)のリズムがよく解らない曲のテンポが速くて指がうまく回らない・追いつかないとにかく曲に合わせて弾きたい こういった思いを持っているのなら、最後まで読んでみて下さい。...

続きを読む
ベースの押弦にはコツがある

ベースの押弦にはコツがある

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 弦高調整はバッチリ!それなのに、押弦がうまくいかなかくて音がビビったりしていませんか? その原因、左手の親指の位置にあるかもしれません。 その場合、親指の位置がどうなっているのかを見直すことで意外とあっさり解決することができます。 親指が適切な位置にある事で音のビビリが改善し、さらに3つの効果が得られます。 それは、 押弦に力がいらなくなる指が広がりやすくなるそれにより、スムーズなフィンガリングができる といった効果を以前より感じることができます。...

続きを読む
耳コピに必要な3つの力とは

耳コピに必要な3つの力とは

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 耳コピしたいのに中々できなくて、もどかしい思いをしたことはありませんか? 耳コピにはちょっとしたコツがあります。 ただ、そのコツを掴むためには必要なモノがあるんです。 それが、 音感イメージあきらめない の3つです。 とは言っても、そんなものどうやって身につけるの? あきらめないって言われても、音感もなければイメージもつかない。だから、スタートラインにすら立てない・・・って、思いますよね。 僕も最初は無理だと思っていました。...

続きを読む
【楽譜の読み方】タブ譜とコード譜のメリットとデメリット

【楽譜の読み方】タブ譜とコード譜のメリットとデメリット

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 タブ譜やコード譜にはメリット・デメリットがあること、ご存知ですか? 最初の取っ掛かりとして、とても便利なタブ譜自分なりの解釈を交えて弾ける自由度の高いコード譜 今回は、どちらにもあるメリット・デメリットを解説します。これらを知る事で、ベースを弾くときの選択肢が増えます。 メリット タブ譜 タブ譜は、とても便利です。弦とフレットの位置と音符の長さを確認し、実際にベースで弾く。 といった具合に、慣れてくると直感的に読める楽譜です。 [kanren id="460"]...

続きを読む
上達スピードが何倍にも加速するために知っておきたいこと

上達スピードが何倍にも加速するために知っておきたいこと

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 ベースを弾く時、身体を使っていることを意識していますか? ベースをコントロールするということは、身体をコントロールしているということです。 「一体、何を言ってるの?」 っと、思われるかもしれません。 例えば、演奏するときに 「中指で3弦3フレットを押さえてピッキングは人差し指でする」 などと、いちいち全ての動作を考えませんよね。 その上で、自分の演奏した音を耳を使って「弾けている」と判断している訳です。 これらは、無意識に行われていることです。...

続きを読む
耳コピに必要な4つの音感について

耳コピに必要な4つの音感について

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 せっかく弾いてみたい曲があるのに、耳コピができなくて諦めてしまっていませんか? 耳コピに必要なものは、ズバリ音感。 音感なんてないから無理だと思っているそこのアナタ。諦めるのはまだ早いですよ!!! 音感は鍛えることができます。 今回は、耳コピに必要な音感には4つの要素があることを解説します。 音感を鍛える 音感について、自分がどういった感覚を持っているのか調べてみましょう。 一言で音感と言っても、色んな意味が含まれています。ウィキペディアで調べてみると・・・...

続きを読む
耳コピに必要なインターバルの知識

耳コピに必要なインターバルの知識

どうも、ユウキ(@kohayubass)です。 どうして、耳コピにインターバルが必要になるのか気になったことありませんか? その理由は、 相対的に音を探しやすくなるからです。   耳コピをする時に行き当たりばったりで音を探しているとしたら、その方法は物凄く遠回りしています。   耳コピは、聞いた音(取りたい音)と楽器で出した音が合っているかどうか判断して音を探していく作業です。 そして、音を探す時に使っている感覚がインターバルを感じ取っています。 いわゆる音感と呼ばれているものです。...

続きを読む